« vario | トップページ | último »

reunión

「ドン・ジュアン」を観に刈谷に来ています。

東京千秋楽が18日?だったからほぼ3週間ぶり。脳内リピートしまくってたお芝居をひさびさに観たら脳が「これは現実」という事実に追いつかなくて、劇場にいるのに幻覚を見ているのかと疑うこと数回(笑)やばい。我ながらふつうにヤバイ。いや、ホントにまた観られたんだなあ。感謝感謝。

けっこう間隔を置いた地方公演ということで、印象が変わるかな?と思ってたんですがこれまた脳がすぐに追いついて気持ちは9月20日ぐらいなノリです。

しかしキャストの皆さんはパワーアップアップアップ。

■下手にいると必然的にイザベルウォッチャーになる。
ドン・ジュアンの「お前たちが俺の名を呼ぶたびに…」って語りで客席には背中を向けてる女たち、高まって盛り上がって揺れる彼女たちの一番後ろで同調してる、けどドン・ジュアンが歌い出す直前のジャン!「俺の名は刑罰!」と同時にザッ!と踵を返すイザベルがカッコよすぎる件(長いわ)このお酒は味わい尽くしたけれども飽きることがない、みたいな。
曲中もくつろいでるようで全てが音楽に乗ってる。艶やかに音楽に乗り、微笑み、ゆらめき、ドン・ジュアンに微笑みかけ抱擁をしかけ、フィニッシュでも絶妙な位置で「女たち」の最上位に…違うな、中心に…それも違うな、いちばん近いところに居ながらマウント取らない存在…風情がないけどそーゆー絶妙な位置にいる。すべてが優雅。
そんなイザベルが一幕ラストとか二幕あたまとか、踊りながらドン・カルロに向ける笑顔が最高に綺麗で艶やかで、ドン・カルロも自然な微笑で息めっちゃ合っててホントなんで君ら付き合ってないの感もハンパない(そこがいいんだ)。

■タイトルロールこまごま
ドン・ジュアンふじがや君。初日からいろんなところがこまごま進化してって嬉しいです。もとから表情がとてもいいけどキャッチボールというか、他のメンバーへの踏み込み方、カルロやイザベル、そして亡霊に向ける表情がすごくよくなったなあと。
彼自身の踊りで、一番好きなのはドゥ・プレジールでアンダルシアの美女と競り合うとこ。オープニングみたいにソロでバーン!と行くときより群衆の中で軽いノリでダーン!て行くとこが好みです(擬音で補いすぎ)。しかし酒を口に含んでブシャー!って行くアレが東京の記憶に比べて1.5倍ぐらいになってて美女様にバスタオルを差し入れたくなった。
いっぽうでドン・カルロへの壁ドンなくなっちゃったのなんでだ(笑)。舞台の尺か、本人の顔もっと見えるようにって話かもですが、カルロから3歩ぐらい左の位置をドーンとやって凄んでたの面白かった…まああの界隈もとから全体的に面白いからいいか(皮肉です)(あのテーブルだけは最後まで許せんので積極的にディスっていく)
そしてしみじみいいなあと思ったのは「嫉妬」。あーーーーもうなんってかみ合うんだろう(笑)ホント年もキャラも芸風も何もかも違うのに最ッ高の呼吸と駆け引きと混ざり合い。

■ついでにラストの話
つぶやきでも書いたけど、ラストのドン・ジュアンの顔を見られるのは亡霊だけなのだ。客席側に向かっている亡霊の顔は微笑も厳しさも浮かべてはいないけど、ドン・ジュアンが振り向いた時、眼だけがその認識を表すゆらぎを見せる、その一瞬がたまらん…てきょうも亡霊凝視してたんだけど、ドン・ジュアンの方はもしかして亡霊に対峙した瞬間ちょっと頭が揺れてなかったか。頷きや合図というと言い過ぎかもだけど、「やりとげた」気持ちは亡霊に受け取らせてると思うんだよね彼は…っていう思い込みからの見間違いかもしれんけど。
最低だった自分を殺すことでマイナスからどうにかゼロまでこぎつけて、でもプラスに登ることはできない「馬鹿げた人生」のまま完結させて、ものすごい勇気を出して、死にたくないのに死んでいった。それをそもそも仕掛けてきた、全部一緒に見てきてくれた亡霊にだけは、俺を褒めてくれてもいいんじゃない?っていう顔をしてもいいんじゃない?(ハイけっこう動揺してます)
彼らが向かった先はおそらく天国ではない(解釈それぞれ)。ただどこまでも一緒に行った、というかもう一緒くたの存在になっていったんだろうなあ…。

|

« vario | トップページ | último »

ドン・ジュアン」カテゴリの記事

コメント

片帆様

お邪魔します。刈谷、日帰りして参りました(笑)

実は、東京公演中から、感じていたのですが、こうして片帆様が書いてくださって。
「嫉妬」!!!大好きです。好きすぎてコメントできなかったくらいです(笑)
マイ楽で観納めてきました。

投稿: ジジ☆ | 2019/10/05 21:31

ジジ☆さん
刈谷は劇場は東京より広いので遠いかなって思ったんですが、照明がとてもなんか、ちょうどよくて、二階からオペラ通して「嫉妬」がガン見するのに最高な劇場でした(ピンポイント)
何度観てもみたりないけどねえ…。
お疲れ様でした。

投稿: 片帆 | 2019/10/07 07:29

片帆様

ありがとうございます。

お疲れさまでした(笑)
まさか、これほど、「ファン垂涎のオンパレード」になるとは思っていなかったので、
満足度が半端ないです。

次は悪魔ちゃんに惑わされるわけですね(笑)剣呑剣呑。

投稿: ジジ☆ | 2019/10/08 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vario | トップページ | último »