« zapateado | トップページ | gente »

personages

ドン・ジュアン」キャラ雑感。順不同にコツコツ行きますー。

★★★ネタバレです★★★

■エルヴィラ
原典にも派生にもほぼ必ず出てくんのってドンジュアンと石像とこの人だけだよね。
一途で一直線、言動むちゃくちゃだけど一直線。ブレない止めない諦めない、悪いオンナにだってなれる…っていう「無理すんな」モードからだんだんだんだん「頑張るなあ‥」っていう尊敬に至る。
序盤、酒場で彼女が脱ぎ出すとこ(ものすごく無理をしてオンナになろうとする歌)とか、なんせ周りが男性だからもう本気で「うっわキツイ」モード入った。いや名曲だし彼女の歌も芝居もすごくいいんだよ!単純に、リアルに恐怖で竦んじゃうってこと。それでも突き進む。なりふり構わない。それがエルヴィラ。どんなに望みが薄くてもできることは全部やる120パーやる。
ビタイチ共感しないが本気で尊敬する。ドン・カルロってほんと客の思いを代弁してくれてると思う…。

■マリア
印象を一言で言うと「爽やかモラトリアム」。いや、ちゃんと職を持って働いてる人に申し訳ないんだけどなんかこう、いろんな決定事項を先送りにするタイプだなと(笑)なかなか新鮮なヒロインでした。ラファエルとどーゆー流れで婚約したのかの説明がない(幼馴染とか親が決めたとかベタな理屈あるんだろうけど)とことか、「無事に帰ってくるかわからないから婚約発表は生還してからね」って字面にすると相当アレな結婚へのためらいぶりとか。
それでも宝塚版は「仕事に生きてるから」っていう芯が前面に出る女性でしたが、今回ははっきり「石像、完成しなかったのか」なので、彼女もちょっと未完成な人間だったんだな、それがドン・ジュアンと出会って彼女なりに堕ちた(着地した)んだなあと、ある意味で腑に落ちるとこあった。ドン・カルロの「彼女を巻き込んだ」って言い草は合ってるけど、巻き込まれて正しいんじゃないのっていう。亡霊の導き先、ドン・ジュアンの運命の相手がこの子だったのなんかわかるなあと。よーするに天然でひどい(笑)そこがいい。
モラトリアムのマリアって語呂がよくないか。(私も酷い)

■ラファエル
序盤の仕事辞めてくれ発言でイラっとして、前半ではそこそこウザいなと思ってた(すまん)ラファエル、後半に行くにつれて彼の本気度、ブレなさ、力強さが輝きだす。クライマックスに向かって性根が据わっていき、本気の愛を証明していく。えらいよなあラファエルは。
しかし「合流まで半日」って戦線が近すぎてセビリア大丈夫かと思いました。これ17世紀ぐらいの話?なんだっけか?確かに南スペインなんて無茶苦茶いろいろあった時期なんでしょうが…。(そして帰りは船だった。戦場はどこだ。)

■ドン・カルロ
いい人ポジと思いきや。いい「人」じゃなかった。あれは人のレベルじゃない。一言でいうと超人?聖人?もはや天使?優しいとか親切とかそーゆー話でなく、"善"という属性に人を叩き込む、装置のような厳格さ。その力をドン・ジュアンただ一人に向けて、意思と感情のぜんぶをかけて友を「救う」ことを成し遂げようとしている。どこから来るのそのパワー。
二幕あたまの「恋が生まれた」の顔が最高に好きです。一幕ではエルヴィラを応援してドン・ジュアンの幸福を祈るモードだったのに、いざ彼が恋に落ちたらあの表情。いろんな解釈あると思うんだけど、「結婚=幸福」だけど恋はまずい、そんな本気の激情に飛び込んでしまったら早晩キミは地獄行き、そこまでしろとは言ってない…っていう話なのか。あるいは、恋に落ちて裏返ったドン・ジュアンの変化そのものに戦慄したのか。
この話を「ドン・カルロと亡霊の綱引き」って考えると最高に滾るよね。
別の面からみれば共同作業。やべえ調子出てきた。

|

« zapateado | トップページ | gente »

ドン・ジュアン」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。

今回、亡霊ドストライクな面々が、何故か固まらず会場に点在させられているため(苦笑)、ドン・ジュアンファンのお嬢様方が向く方向と、真逆(主に螺旋階段)を向いている方々がポツポツ(笑)(認識するとちょっとうれしいです)

亡霊って、ドン・ジュアンが生み出したものらしいので、結果的に、自分の欠点を認識していた彼が、まともな人だったのかなとか(苦笑)亡霊、いい奴だわぁとか。
等々を、フラメンコのステップやら階段の昇降やらを拝見しながらの、スペイン旅行です(笑)

ラファエロが壮ちゃんなので、ついつい、肩入れして観てしまうのは、お許しを。

投稿: ジジ☆ | 2019/09/05 12:13

ジジ☆さん
楽しいですねー。主役の方と逆方向に注目っていうのはよくありますが、亡霊役はいろんな意味でドン・ジュアンと表裏一体というか(文字通り)、一緒に視界に入れないともったいないので、わりかし視線は安定しています。忙しいけどねえ!上口君だってガン見してたいし。平間君も俵君も大活躍ですし。

投稿: 片帆 | 2019/09/06 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« zapateado | トップページ | gente »