« Heaven's Feel雑感2 | トップページ | うらすさび2 »

うらすさび

「戯伝写楽」観てきました。

面白かったー!

初演では東山君が面白かったことと山路さんがカッコよかったこととカテコでヨシ君による「井上芳雄のマネ」が面白すぎたことしか記憶になかったんですが、本編を観ながらいろいろ思い出した…特に前半、歌が聞き取れなくてイラついたことがまざまざとよみがえった(苦笑)青山でも芸劇でも変わらんのだな!初見者の歌詞の聞き取れなさは!!!

面白かった。言葉さえ分かれば、すごく。
ちょっと根底で何かがズレている気がするけどこのまま進める。

★★★ここからネタバレです★★★

初日の感想「ごめん、はまりっぷりをナメてた…!」
再演組も初登場組も良かった…キャラとしていいなあ!と思ったのは(すいません贔屓はいつもの別格)鉄蔵の山崎さんと与七の栗山君。さとしさんもちろん本当カッコイイし小西君は仕事人…もとい絵師キャラがめっさはまってるし壮さんは花魁からラストまでめっちゃ決まるし、村井さんがまた、お見事。
一番驚いたのはしょこたんのおせい。すごく良かった。テンション↑↑↑なところが後半の狂気にはまったなあ!という感じ。「鉄蔵さん!その顔だ!!!」とか震えが来た。

贔屓への感想「ごめん、役どころナメてた…!」
序盤の大はしゃぎっぷりに「飛ばしてるなあ」と思ったら役的にまだ全然正体出してなかった(笑)。粋人で洒落者で思惑も癖もある、けど大人なので悪びれない(なんだかんだ蔦重より年上)、っていう深みの見え方にワクワクした。
話もキャラも全然違うけど、見え方的に「Dream」のガイドを思い出したなあ。つかみで散々明るく飛ばしておいて(エスパーニャッ!)だんだん様子が変わってくるあれ。
とはいえ可愛いは可愛いのでいくら飛ばしてもいいという、凄まじく楽しいシチュエーション。こいつは春から縁起がいいや。

それにしても歌詞のわからなさはもったいないなー。江戸一番のお嬢さんの名前とかは聞き取れなくても問題ないけど、結構重要な情報(歌麿のスタイルとか与七の立場とか)がぽろぽろ落ちてる気がする。言葉が難しいのと音楽が存在感あるのと両方だなあ。そんな中で「しょうがねえか七十俵二人扶持」とか聞き取らせるのわりと流石だと思う(たまには素直に誉める)。

1月2月と、楽しく追っかけて行きたいと思います。
タイトルはタイムリーに北斎が来てくれたFGOから。富嶽三十六景しびれる…。

|

« Heaven's Feel雑感2 | トップページ | うらすさび2 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

片帆様

今年も宜しくお願い致します。


戯伝写楽、初日から、どっぷり拝見してきました。ちょっと憑りつかれそうです(苦笑)
(残念ながら、初演は未見です。)

大田先生、深いですねぇ。
(全力で歌って踊ってくれているのは、ファンとしては、嬉しい限りですが)

個人的に、初日、一番の「え?」は、あの「お侍さんフル装備」な、お衣装でした。
(え?の後は、もちろん、ふふふ、でした)

投稿: ジジ☆ | 2018/01/14 21:57

ジジ☆さん
既にとりつかれ気味ですね、今作。深堀りネタてんこもりだし、K吾さんは実にK吾さんだし。

「侍らしさ」「侍らしくなさ」の見え方も今回の見どころのひとつっぽいので、そのあたりも見ていきたいです。

投稿: 片帆 | 2018/01/15 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/66278221

この記事へのトラックバック一覧です: うらすさび:

« Heaven's Feel雑感2 | トップページ | うらすさび2 »