« スペインこまごま2017 | トップページ | ベスねたトーク2017-2 »

ベスねたトーク2017

「レディ・ベス」キャスト雑感こつこつ。

すごく大ざっぱに表現すると「少女=綾ベス」で「王女=花ベス」だった初演に対して、これまた大ざっぱだけどちょうど「逆」に感じられる今回。
「我が父は王」でズバァァァァンと王族の誇りを放射する平野ベスあり、同じ歌でもって「父が王」という事実しか縋るもののない「幼い」花總ベスあり。そこからスタートすれば他のキャラクターも見え方違ってくるよねえ。

■未来メアリー
狂信者の力強さともろさを帝劇中に放射する未来メアリー。綾ベスとだと「あのバズーカ娘が一撃で吹っ飛ばされたぞ!なんだこの姉!戦車か!!」ってなるし、花ベスだと「お姉さま手加減してやって…いや、この姉は本当に強者じゃないのかも…?」みたいな複雑な世界観に入る。前者はスカッと楽しいし、後者はああドラマ観たな!ってなる。
今回の演出、スーザンの役割が大きく削られたことでメアリーは徹底的に「孤独な人」になっちゃったわけだけど、結果、この強烈な未来メアリーが翻弄され、打ちのめされる後半の威力はハンパないです。
最後にヘンリー王の肖像画を見上げるところ、下手から見たらほほえんでたんだよね…花ベスが少女の頃にそうだったのに対して、この人は一生、お父さんに縋っていたんだなあという納得と悲しさ。

■吉沢メアリー
序盤からもう「本当は弱いんだけど頑張っている」オーラばっきばきの吉沢メアリー。プロローグのリトル・メアリーがそのまま体だけ大きくなったような、理不尽さや寂しさに慣れきった彼女がベスを攻撃するとき、やってることは低レベルな嫌がらせなのに、もうなんというか「殺らなければ殺られる」的なギリギリ感がザクザク伝わってきます。なので結婚のくだりで嬉しそうなのがホント可哀想でなあ…いや、ホント、この人に優しくしてやってよフェリペ(T_T)(ルナールには言わない(^^;)初演と再演で奴のメアリーへの態度はかなり違うけど、残酷さは変わらないよなー))。
「狂信」じゃなくけっこう理性的に自分の弱さわかって、それで宗教に縋ってる感じも切ないです。未来メアリーにとっては信仰が武器だけど、吉沢メアリーの場合は防具というか、ホントそれなしじゃやっていけない最後の薄皮なんだろうなと。ヘンリーの肖像画を見上げる表情とか、自分が間違ったそもそもの根源を認識してるようにも見える。これまた切ない。

■アン・ブーリン
どーにもこの人の存在が濃すぎてまとめきれない今期の「レディ・ベス」。前は「怖ぇよ」と思ってきましたが、今期はこう、グレートなマザーとしての怖さじゃなくて、もっと子供っぽい、シンプルな、クリアな危うさっていうか、純粋さとか心もとなさにヒヤッとするというか…ホラまとまらない(笑)。ベスを愛している=本当、ベスを縛っている=それはベス次第。ベスを王座に導く=それが幸せなら。ベスを愛に導く=それが幸せなら。みたいな。
「愛のため全て」でのアスカム先生との対峙。以前はわりとキリッと(イラッと)戦う印象でしたが、こう「柔よく剛を制す」みたいな、こう、より手強く、より優しく、真綿で首を絞める微笑が、こう…すいません別にアンが攻撃的だとか本気でボスキャラだとか思ってるわけじゃなくて(いや思ってますけどそれは抽象的な話であって)、もう、なんかさあ、何回見ても掴みきれないんだよこの人。めっちゃ怖いし心底惹かれる。

■疲れたのでロビンズねたぷちぷち
・「歌ってわすれようー」の輪っかのやつが最近あまり失敗しなくて寂しい(笑)加藤ロビンの場合あれで何か起きると超反省会モードになるのが楽しみなので「ダメダメだ!」「お前がダメだ!」「俺だ!」。
・ホラティウスの謎キャラ化がツボです。「ハハハハハー!」
・スクラッグがホラティウスの膝に足かけてほいっと上るあれすごい。
・「道行く人」で3人がメアリーの悪口言ってロビンが止めようとするっていう機微は未だにピンと来ない(^^;)理屈は分かるけども。
・1789を経て最近ホラティウス観る度に脳内で「みつばちロワゼル」と呼んでましたがみつばちじゃなくていもむしだった。みつばちはトゥルヌマン。

|

« スペインこまごま2017 | トップページ | ベスねたトーク2017-2 »

レディ・ベス」カテゴリの記事

コメント

片帆様

あぁ、よかったです(笑)
ホラティウスの「ははははは」に笑ってくださっていて。
(客席で、メチャメチャ、サイレントで笑ってます(笑))

閣下は、ベスを消せのダンスで、しゃがむようになったし(以前から、そういう動きでしたっけ?)

進化してますね(笑)

投稿: ジジ☆ | 2017/11/06 00:01

ジジ☆さん
しゃがむバージョンは観たことないなあ。いろんな施行があるから、一回こっきりのものも定着していくものもあるから気が抜けませんね。いつもの通りですね(笑)。
ホラティウスは初演ではけっこう可哀想でしたが(ロビンへの気の使いっぷりが)今回はいろいろ開き直ってる感じでさっぱり爽やかです。

投稿: 片帆 | 2017/11/06 23:29

片帆様

初演から、淡く思っていた「こんなによく晴れた11月には~」
やっと、11月の上演になり(笑)個人的には、妙に、ワクワクしながら聴いています。

投稿: ジジ☆ | 2017/11/08 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/66008445

この記事へのトラックバック一覧です: ベスねたトーク2017:

« スペインこまごま2017 | トップページ | ベスねたトーク2017-2 »