« ベスねたとーく2017-6 | トップページ | ベスねたとーく大阪2017 »

Heaven's Feel雑感

劇場版Fate「Heven's Feel」の感想です。
すいません、すごい長いです。あと終わらない。

Fateご存じない方もいらっしゃると思うので基本情報から(そういう方はレポにも興味ないかもですが一応(笑))。
原作のノベルゲーム「Fate stay night(以下ステイナイト)」には3つの物語が含まれていて、プレイする順番も決まってまして。

すごいざっくり言うと
1本目:王道というか正道である「Fate」(ヒロインはセイバー)
2本目:主人公・士郎の内面を描き出す「UBW」(ヒロインは遠坂凛)
3本目:前の二つの裏側が明らかになる「HF」(ヒロインは間桐桜)
となっている。「Fate」と「UBW」はそれぞれアニメ化されていて、今回は原作から13年目にして、ついに桜ルート「Heave's Feel」(以下HF)が映画化になったわけです。

Fateがこんなにヒットして、派生作品もガンガンアニメ化されてんのになんでHFに限ってこんなに時間かかったかっていうと、まあ、とにかく、いろんな意味で「凄い」ルートだからで。
・ものすごく長い(たぶん前の2ルート合わせたぐらいある)
・そこまでの2ルートを根底からぶっ壊す
・悲惨/残酷/きつい/ホラー/とにかくきっつい/PC版とか本当にきっっっっつい
そうして、そのキツさを補って余りある輝きと感動があるっていう。「前の2ルートありきの情動」でガンガンかき回されるというか、セイバールートを、凛ルートを経験したからこそ、あのシーンで「うっ」となりこのシーンで「くっ」となり、後半に向かうほどPCに向かって叫び出す回数が増えるという…ホント愛してる、でも体力使う、そんなルートなわけで。

そんなHFがついに映画化!と聞いて原作オタクは多かれ少なかれ「大丈夫か!!」と思ったと思うし、公開初日に映画館で見終わった瞬間の自分の感想も「大丈夫か!!ホント大丈夫かこのボリュームと一見さんおいてけぼり感!!」だったりしました。その後の盛況ぶりと評価の高さを見てすごい安心したし「あ、なんだ私みたいな層だけでも興業成り立つぐらいFateって育ってたんだ…」とか思ったりもしたんですが、そういう面もありつつ、シンプルに「HFが初見」という人も楽しんでたみたいで…いや、ホント、すごい仕事だと思います。

あちこちで言われてるけどこれは導入部分の、いろんな意味での美しさの効果が大きいんだろうなあ。「一年半前」から物語が始まることで、桜がもともとどんな子だったか、士郎と出会ってどんな風に変わっていったか、丁寧に丁寧に描かれていく。初見でも入り込み安いと思うし、原作オタクからしたら「あぁ」「あぁ…」「あぁぁぁぁ…」な暗示がこれでもかこれでもかと盛り込まれてるし。

さっき書いた「HFの難しさ」には、これ人によるから省いたけど
・ヒロインに共感するまで大変な体力を要する
っていう大きな問題があって(笑)。人によりますけど!ホント私は最初、桜だけはダメだった…Hollowを経てからステイナイトを再プレイして好きになったし、Extra、そしてCCCを経た今ではホント愛してますが(地味に「間桐家の人々」と「しすたー☆くらいしす」とあと花札慎二ルートの影響が大きい(笑))、もう、ステイナイト初回の桜ルート、クリア時の釈然としなさったらね(ドス黒い記憶あれこれ)。重ねて言うけど今は愛してますよ、最高だと思うよノーマルエンドもトゥルーエンドも、救えるものと救えないものが確かに残るFate世界の真骨頂だったって今ではわかる。
いかんまた話がそれた。ステイナイトの話ってなかなか書く機会ないから書き出すと長くなる。

そんな桜の「衛宮家に来たての頃」の話は、原作では「最初はおにぎりも作れなくて泣きそうになっていた」とか士郎の視点で語られてたけど、洗濯物たたむところのおぼつかなさとか、「泣きそう」というよりジトっとした実に桜らしい(笑)表情とかをビジュアルで見せられると、13年目にしてものすごい納得感がありました。そうなんだよ士郎の視点と読者の視点は違うんだよ、特に桜に関しては(笑)。クリスマスの「私のヒーロー…」ってリボンをいじる(!)とことか、士郎の「今の、遠坂だよな」でうっわ桜!!!っていう表情でまたリボンをいじるところとか、「あぁーーー桜だな…」と思わせつつ、こう、プラスだろうとマイナスだろうと、見る側のキモチがどんどん桜に近づいていく。こんな課程は原作にはない(FateとUBWを終えても「桜」の内面を想像させる情報はない、ここが桜と琥珀さんの違うところ>また話がそれる(笑))。

そんな物語が静かに続いていき。「一年半前」からゆっくり流れる時間が「一日前」「当日」となって、「運命の夜」がやってくる。コメンタリーで奈須さんが「これは桜にとってのカウントダウン、当日になったら(桜の大事な日々は)終わるわけだから」言ってて落涙した…。
部室の掃除する士郎、帰路をゆく桜、「日常」がストーーーンと壊れた瞬間からオープニング。不穏な切迫したイントロに「原作:奈須きのこ」の文字が重なり、「ランサーの襲撃」「士郎蘇生」「セイバー召還」ここまでだったら序盤のヤマにあたるFateの名場面が音楽に乗ってものすごいスピードで流れていく。
いや、もう、震えが来ました。「今までのFate」を全く踏まず、オープニングでは「事実」だけを踏み、あとは間桐じーさんの語りで塗り尽くす。このスピードで「ペンダント」「セイバー受傷」「凛の令呪」といった後の展開に大事なとこはぜんぶ踏んでるあたりもビシビシ刺さるし。うおお。

序盤で力つきたので一旦筆を置く。とっとと書かないから脳内でこじれるんだ…。

|

« ベスねたとーく2017-6 | トップページ | ベスねたとーく大阪2017 »

Fate&TYPE-MOON」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/66090114

この記事へのトラックバック一覧です: Heaven's Feel雑感:

« ベスねたとーく2017-6 | トップページ | ベスねたとーく大阪2017 »