« ベスねたトーク2017 | トップページ | ベスねたとーく2017-3 »

ベスねたトーク2017-2

「レディ・ベス」東京公演ぼちぼち最終週ですね。
それはそれとしてランダムねたぷちぷち。

■花ベス
「我が父は王」は彼女にとって「強くなるおまじない」みたいなものなんだなあと思いました。
今期の花ベスは生まれは王女だし貴族ではあるけれども、この19歳の彼女はあくまで少女で、弱くて幼いお姫様。
そしてプロパティとしてスキル「慌て者」を持つ(重要)。「手紙を書くわ」→「ガーディナーを追いかけます」→「(メアリーの手紙は)いい知らせね!」っていうこの、普通にやるとむちゃくちゃになる台詞たちがこの「そういう性格なんだよこの娘は」な流れで全てが説得力を持つというね(個人の解釈です)。ホント花總さんさすがだなと思ったのは「我が父は王」で「手紙を書くためにペンを取ろうとするんだけどほかのことに気を取られて、やがて手紙のことはすっかり忘れてしまう」っていう仕草(瞠目)こういうのが随所にある。
その幼さ、か弱さっていう本質が最後まで続くのが今期の花ベスの鮮やかなところだなと思います。成長する、女王になる、なぜなら選ばれた人間だから。でもだからって本質の「少女」らしさを失うことは最後までない、っていう。序盤で聖書を奪われて泣いていた少女も、終盤でアスカムに「女王になりたくない」と叫ぶ少女も変わってない。それでもアスカムは、彼女が少女で居続けることを否定する。
そんなシーンからの、泣きながら顔を上げたベスの
「わからない、どう言えばいいのか、私、あなたほど自由になれない」
がストーン…と腑に落ちた今日の「レディ・ベス」でありました(長いよ)。
「翼が傷ついたから飛び立てない」ってなんじゃそりゃ、と思ってきたんですが、この言葉にしろ、「わかっているでしょう、難しいと」とかごにょごにょした(失礼)歌詞にしろ、すべて表層のやりとりにすぎず、その裏ではベスとロビンの心のやりとりがちゃんとあるんだなあ…って思えた。これも受け取り方の一つに過ぎないけど、もうちょっと追っかけてみたいと思います。

■クールヘッド
キャッチボール!(物理)キャッチボール!(台詞)
そしてキャッチボール!!!(感情の)
みたいな(笑)いっやーワクワクした。
いや、ずっとここのボール(物理)の投げ合い、特に古川君だと邪魔だなあ!と思ってたのですが(平方Verは「遊んでる」空気が強いのであんまり違和感がない)、ひさびさに観たら感情の流れとボールのやりとりのテンポがめっちゃ噛み合ってて、ポンポン流れておーもしろい。
食い台詞の応酬、ギラギラした視線の投げ合い。上っ面では遊んでるけど本人達めっちゃ真面目な話してる空気。
「プランにはお目通しいただけましたかな?」「メアリーと?(ギラリ)」といい「妹のベスがいい」「ありえない!(くわっ)」といい「王子に生まれたさだめ」のこう、相手が分かってるのは百も承知なことを上から念押しする感じのルナールの事務的な容赦なさとか、分かってること言われて気に入らない、けどそれなりに慣れてる(耐性は持ってる)王子のこなれたイライラ感とか。からの「進めろ恐怖の結婚」への「ハイ(終了)」みたいなルナールの一礼とか最高にツボです。さらに「もういい、飽きた」への「ハイ(終了)」みたいな微笑もなあ…ホント効率いいな下手は!!!!
こういうやりとりのあとルナールの「(王子は)すこぶるお元気です」を聞くと実際、爆笑しそうになります。ああ楽しい。

■逮捕シーンぷちぷち
・「アスカム先生旅に出る」が唐突感あるっていう感想を時々伺うのですが、この方はけっこう他の土地に教え子がガンガンいる設定で観てたのでそこは気にならなかった…むしろキャットに呼び止められた後「手袋をはずす」のなんでだろうなと(黙れ)。
・↑この後の兵士の乱入シーンでキャットやパリーが殴られる流れには最初へぇぇと思いました。場面がとても自然になったなと…お陰で初演の時さんざん脳内でツッコんで来た「パリーの荷物回収」がやっとナチュラルになっ(黙れ)。
・それにつけても門の開け方がパリーだと「物理」でキャットだと「魔術」に見えるのは致し方ない。
・連行される直前のベスが駆け寄ってくるロビンを押しとどめるところ、綾ベスはめっちゃ凛々しくてさむらいのようだった。こういうところにもロビンとの関係の違いが如実に出るなーと(追って掘り下げる)。

|

« ベスねたトーク2017 | トップページ | ベスねたとーく2017-3 »

レディ・ベス」カテゴリの記事

コメント

片帆様

「すこぶるお元気で」閣下の、表情も含めて、笑いを堪えるだけで精一杯でした。
悪役チームって言われてますが、閣下は、お仕事熱心なだけで、悪くないと思って拝見してます(贔屓目全開です(笑))

毎回、王子の「毒が塗られている」へのリアクションには、内心、ツッコミまくってしまい(笑)またまた笑いを堪えています。

投稿: ジジ☆ | 2017/11/13 00:09

ジジ☆さん
ルナールは悪くはないと私も思います…っていうか外交官はあれくらい腹黒くないと務まらないだろうなあと思います(笑)。現代にもにいそう、ああいう人、目立たないところに。
ひどいやつだとは思いますけどね。うん。

投稿: 片帆 | 2017/11/16 22:14

キャット、魔法が使えそうですよね(笑)。曲者も握りこぶしで倒せそう(笑)。ロンドン塔からもキャットの魔法で抜け出せるのでは(笑)?
キャット 試してみたまえ(by 平方フェリペ)

投稿: カオル | 2017/11/17 21:52

カオルさん
「はいっ」(膝を折るお辞儀のあと即実行してフェリペごと吹っ飛ぶ)
初演でも「RPGなら綾ベスが勇者でキャットが魔法使いポジだよね」みたいなこと喋ってた気がします。
キャットアイなら透視力ーみたいな(「くせものですか!」でロビンズ一網打尽)

投稿: 片帆 | 2017/11/21 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/66036479

この記事へのトラックバック一覧です: ベスねたトーク2017-2:

« ベスねたトーク2017 | トップページ | ベスねたとーく2017-3 »