« せぶんいんざ大阪2 | トップページ | せぶんいんざ刈谷 »

せぶんいんざ東京楽

「CLUB SEVEN Zero」クリエ公演が始まって終わりました…。
追って書き溜めネタ放出しますが、取り急ぎTwitterの字数に納め切れなかった楽ネタ。

■太陽に踊れ大捜査・千秋楽。
時系列で解説する。記憶けっこう飛んでます&台詞は雰囲気です。
1)警察組が「ミュージカル調に」と振られる。これ自体は前にもあったらしい。
2)「れ・みれれぶる」っぽく、という指定が重なる。タイトルは発言の度に変わってたのでニュアンスで。
3)軽く示し合わせた村井と君島、上手&下手の階段を登っていき、いったんはけてから「ラマルクは重病だー」とかやたらピンポイントから再現に入った(まあ客層的に何の問題もなかった)
(君島君の中の人の汎用性はホント要だった)
4)かすみさんは中央でいい感じにポーズを取っていた(才能)
5)「子役だってなめるなどんなもんだい」(君島の才能)以降数フレーズ思い出せませんが気がついたらレッド&ブラックに移行していた。
6)流れるように合流していた犯人チーム(ていうか龍二)。
7)シチュエーションに当てはめまくる龍二無双。
  「この女の命の価値・かんがーえたかー」
  「(姉のメイクが)日ごと塗り直されているー」
8)(だいぶ早い段階から龍二のシャツの色に飛びつこうとしている村井)
9)レーッド「俺は龍二ー」(警視シャツ掴んでます)
  ブラーック「姉のタツコー」
  レーッド「俺は君島ー」
  ブラーック「俺はーむーらーいーーー」(キー限界)
10)この辺で5人ともアベちゃんに撃たれた。
11)タラちゃんが流れて一人また一人崩れていき、最後に残された村井が
12)ユラリと立ち上がる「明日にはわかる」(ほぼ同時に起き上がるアンジョズ)
13)「神のみこころがー!」(次々立ち上がる面々)
14)朝がー!あしたがー!(シナリオを手に後方に走り込むアベちゃん)
15)くー!れー!(振るよね!旗をね!)
16)ばーーーー!(6人でよくぞ見事な三角行進)
17)監督「カァァァーット!」

■「なんかやらされるとは思ってたけどさあ!」
みごとに決まったフィニッシュの後、終わろうとする監督に「ちょっと待ったァァー!」切り込む警視と犯人。挟み撃ちで帽子を奪い取って案の定しゃししゅしぇしょモードに入る吉野圭吾&流れるようにしゃがんでアベちゃんポジに入る東山義久。
なんかもう正直「来たな、楽だしな、それにしても豪華だな」っていう印象と「貴方たちそれ昨日の二回公演以降に仕込んでたんすか…」っていう感動と、本気で蒼醒めている監督&アベちゃんへのエールとでこっちの感情はカオスだったのであんまり覚えてない(笑)。(が「客席を楽しく回って来い」が君島のナイス指示だった事は覚えてる)
ぷちぷち思いだしネタは追記&つぶやきにでも上げてきます…。

|

« せぶんいんざ大阪2 | トップページ | せぶんいんざ刈谷 »

CLUB SEVEN & DTF」カテゴリの記事

コメント

片帆様

終わってしまいましたねぇ(泣)

千秋楽、また情報量過多で(笑)レミゼネタ→監督&あべちゃんへの無茶ぶり(笑) 監督は、大阪ソワレ以来の強制参加でしたね。「これ、千秋楽に、やるパターンでしょ」と仰っていた通り(笑)

いろいろ盛り沢山でしたね~。寂しさは、暫く反芻で何とかしたいです。


投稿: ジジ☆ | 2017/06/22 23:48

ラ ミゾラブル ってのもありましたね(笑)。レーッド「俺は龍二ー」素晴らしいです(爆笑)。
さすがだなレジェンド。原田君もレジェンド入りにしていいと思います(笑)。蘭乃さんの度胸は凄いです(笑)。そして、今までに観たことのない香寿さんのいろいろ(笑)。蘭乃さんと共に この二人はオチがない と言われたK吾さん、いろいろ いろいろ堪能させてもらいました(笑)。もちろんキレッキレッのダンスも。
楽しかったです。通い倒しました(笑)。もう真っ白に燃え尽きて抜け殻になりそう〜。

投稿: カオル | 2017/06/23 21:48

ジジ☆さん
わたしは観られなかったのですが、監督が巻き込まれる伏線は大阪やら前楽マチネやらでコツコツ引かれていたようですね(笑)。
いやー、ホント生き生きしてたわあの「ちょっと待ったー!!」
監督を乗っ取った圭吾さんが自由すぎて今期はやってないしゃししゅせしょ喋りを連発していたり、それをAD東山君がフォローしたり、圭吾さんが自由だったり東山君が収集したり、圭吾さんがボケたりボケたり東山君が突っ込んだり突っ込んだりって感じで、ある意味、本来の監督よりいろいろ無茶でした(^^;)。あれでもう2,3パターンやって欲しい(笑)。

カオルさん
楽しかったですねえ。あの「太陽に踊れ」だけでも通い倒す価値はありました…。
考えてみるとあのラミゾラブルは全編アカペラで演奏も効果音もまったくなかったし、服装だってあの頃とはかけ離れてるのに「姿勢」やら「歩き方」やら「割って入り方」やらで皆さん見事にアンジョルラスやマリウスだったのが凄いなと…この際、客席のレミゼリテラシーは置いとくとして(笑)。

投稿: 片帆 | 2017/06/24 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/65444710

この記事へのトラックバック一覧です: せぶんいんざ東京楽:

« せぶんいんざ大阪2 | トップページ | せぶんいんざ刈谷 »