« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の5件の記事

せぶんいんざわん2

「CLUB SEVEN -Zero-」プレビュー感想の続きです。
カッコ付きはA、Bどちらかの限定の場合。

★★★ネタバレです★★★

■ツタン仮面様(B)
「アオ!」「赤ァ!」の迫力とか大っ好きだったのでまた会えてたいそう嬉しいです。過酷ダンスも相変わらず。序盤のセブン君とか35億のくだりも最高楽しい。
しかし終盤。10thは一回しか観てないので自信ないのですが、女王様が出てくるのって前からだっけ?面白い、面白いんだけどこう、あまりのファラオとの芸風の違いにこう…正直、カレーにショートケーキ載せたみたいになってないか?と思わないでもなかった(^^;)濃いんだよお互い(笑)。

■おハルさん(B)
婆ちゃん役のレパートリーも某・園長とかトメさん2種(今回のトメは9thの人の双子の姉という解釈でどうだ(笑))とか増えてきたけど、わりとこのおハルさんが元祖に近いと思うので感慨深いです。玉次郎さんの「きれいだ…」の言い方とかホントいいよな。
今回マイケルのあれとジョイントしたスケッチになったため、脳が一貫して「次マイケルいつ出るの」状態に陥ってしまうという弱点があるんですが(苦笑)。で、諦めた頃に出てくるマイケルことパオさん(逆)から玉次郎さんが受け取ったイカのお寿司が、Aバージョンの「蚊の家族」の冒頭に繋がるわけですね。

■蚊(A)
このメンバー揃ったらリメイクだろう!と7thで叫んだ記憶がある。今回かなって嬉しいです。需要あるかわかりませんけど初演キャスト(笑)と並べる。
 藪かゆみ:風花舞(2nd)→蘭乃はな
 藪チュー太:西村直人(同じ)
 藪家の父:吉野圭吾(同じ)
 赤井家の父:ハラトモヒロ→原田優一
 赤井家の母:東山義久→香寿たつき
 赤井チクリ:三咲レア→東山義久
という(笑)。
話の展開は藪パパがかゆみを赤井家に預けるところまではまったく同じ、その後、戻ってくるのが前回は「赤井さんの奥さん」で今回は「チクリさん」。つまり絵的には全く同じなんだけど、「実は藪さんに思いを寄せていた」のが人妻か娘かでだいぶテイストは変わったよな(笑)。東山君も今回は「いわせたいんでしょぉーー」とかエセJK調で攻めてくる。前回は昼メロ全開だったのと、連れ去られる藪パパの何が起こってるかまだ分かってない「赤井さん!赤井さーーーーん!」て響きがドアの向こうに消えていく、あれはあれで惜しい(笑)。

ところでタイトル、正しくは"SEVEN IS THE ONE"なんでしょうが当面これで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

せぶんいんざわん

「CLUB SEVEN -Zero-」開幕。

ああーーーー
そうだった、こういうんだった、7人って…!

★★★ネタバレです★★★

自分、「CLUB SEVEN」に関しては愛もツッコミも楽しみもモヤモヤも全て混みの感情で愛してるので(もろもろが愛のヒトコトで撃ち止まるのが「CLUB SEVEN」)、まあ正直毎回「最高!」「嬉しい!」と「なんでそうなるかな!」の混沌で。なので「Zero」にも「レジェンド」にも斜に構えちゃったとこあったんですが。

いや、面白かった…!!

演目別にツボ挙げてくだけでしばらくかかりそうですが、やりいい方法で書き散らす(笑)。

■監督シリーズ
やったぁ、全員下っ端だ(笑)いや、若い衆ががんばるのを吉野さんなり東山さんなりが先輩的立ち位置で見守る、昨今定着してた流れもりゃ納得だし楽しいけど、やっぱり本人が追いつめられてくれた方がのめりこめるんだなあ(しみじみ笑)。
このコーナーラストの番宣撮りの3人アクションが今回の振り付けで一番好みかも知れない。(あとなぜかパーフェクトヒューマンが超ツボッた)

■モスキート2017
まさかのリニューアルだったけど最も「まさか」だったのは東山君の役変わり。役は違うのにオチは同じってどういうこと(笑)詳細は追って。
当時から言ってますが西村チュー太の「…泣いてたのか」が最高男前。

■オープニング
ごめんワンイズオンリーワンで椅子からずり落ちてスリーアンドスリーイスナイスで床に穴掘って沈みそうになった。
その後はだいたい大丈夫だったので、出会い頭の事故だと思うことにする。

■家族シリーズ
全力家族大好きだったので嬉しいー。
ヴァンパイヤ家族は「ヤ」がポイント高いのとオチの拍手の入れづらさが「CLUB SEVEN」らしいなと←

■ご長寿
リニューアルされたトメさんの仕草でいちばんツボったのは登場してくるときの前髪を首の動きだけでばっさぁ行こうとする変な動きでした(ふぁむふぁたーる)。
このコーナーでは新顔のゆうひのぼるさん(原田君)が超GJでな…。

■五十音順
「昭和チョイス」と聞いて「いや「CLUB SEVEN」で懐かしい感情とか別に要りませんがな」と思ってたんですが、いや、単純に昭和、合うわ、五十音順に(笑)。こう、ノリで全てを押し流す、パワーというか説得力というか、昔のジャニーズ系の楽しいこと。「昭和」も範囲が長いですが80年前後の曲とかやっぱ染み付いてるんだなあ。
今回なかったけどシブがき隊の「HEY!BEPPIN!」は小池ロナンのテーマソングだと個人的に思ってますおすすめ(「キスまでいけたらGameは延!長! そこからアレコレ手ごわいっBep-pin!」)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CCCにはまった(FGOコラボ編3)

FGO、CCCコラボ、フィナーレまで終了。

★★★ネタバレです★★★

■殺生院キアラ
予感はしないでもなかったけど叫び声を上げてしまったピックアップ登場。
おそらくガチャでこんなに(課金面でなく)葛藤したことはないんじゃないか。
いや、だってキアラだよ?!どうすんの万が一来てくれたとしてうちのカルデアに住むの?アレが?いいのそれ?BBぐらいは大丈夫でもメルトやリップやデミヤはどうなってしまうの?あとアンデルセンとか…アンデルセンとか…アンデルセン、とか…(この時点で指が勝手に10連を押した)(みんな思ったと思う)
あっさり来て下さいましたorz ←勝ったのか負けたのかわからない。
キアラに関しては存在としておっかなすぎるし、かといってハンパに改心されたら嫌だし、ホント、ドキドキしながらレベル上げしてったんですが。とりいそぎ、ああ、ぐだ子もハンパじゃねえから大丈夫だな、というところに落ち着いた(笑)。今のカルデアならキアラの「自重」を引き出せる。維持できる。ものすごいタイトロープの絆5台詞でしたが…怖ぇぇぇ(正しい)。
対アンデルセン台詞ではもう床にガンガン頭を打ち付けてます。特殊台詞はもちろん「好きなもの」も「嫌いなもの」も、どんだけ拘ってるんですか、あのキアラが、このキアラが(^^;)。アンデルセン側の台詞は現時点ではないんですが、これはいずれ入るだろう絶対(メルトとは会話してるみたいだけど)。
対デミヤのほうはぜんっぜんブレてなくてロストワークス待ったなしですが(怖いよう)(でも「嫌いなもの」のタイプはエミヤにも一致するよなあ)(←最終戦のキザ台詞へのキアラの切れっぷりにツボっていた)。

■三バカ
の中でも最もバカだった赤いのがこれまでもこれからも歴代マイベスト贔屓キャラです(いつもの宣言)。
赤いドレスからブライドに着替えるネロや、キャスターから夏のランサーにチェンジする玉藻を見て、「えっアーチャーどうすんの?」と思って臨んだネームレス戦、覆面レッドに爆笑。さらに「ついに正体を現す時が」とか言っていつもの赤マントに戻ったのにはもうダメだと思いました(私の腹筋が)。迷いなくしばき倒しました(この日のために育てたメルトリリスが)。
Extraのアーチャーはステイナイトからするとそりゃ優しいし、開き直ったヒーローぶりも見せてくれてたけど、FGOではさらに開き直ってるというか、一人称とともにいろいろおっそろしく素直になってきてることが怖いし酷いし面白い(^^;)。セイバーウォーズみたいなCCC寄りの脚本だと特に…あれからずっとやりたかったのかな「謎のアーチャーX」。真田エミ村といい、もう士郎すら超える勢いで開き直ってるなーと思いましたが、今回はさらにもう。もう。
なんだよその二挺拳銃へのリアクション。マイルームのエミヤオルタの「向こうからすれば殺したくなるほどおぞましい代物だろうがね、オレは」に対して、赤から黒への初の台詞が「カッコいい」ですよ…バカだ…。
というわけでなんかこう、瞬速でこう、「安心した」
すさまじい大丈夫さでした赤のアーチャー。けっこう心配してたのに…。

■BB
再臨しても着替えないBBだけど、最終再臨でグッと来た(T_T)。
やっぱりCCC桜エンドは釈然としないよなあ!!!(4年ぶりの咆哮)(BBを幸せにしろ)

■追記
ロストマン…(竹箒読んで号泣している)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCCにはまった(FGOコラボ編2)

FGO「Fate/Extra CCC」コラボひととおりクリア。

FGOがだいすきです。
Extraがだいすきです。
CCCがだいすきです。
そういや書いてないけどEXTELLAも愛してます(食べ足りなさはあるが(笑))
いやもうやっぱりFateがFateそのものが(キリがないのでOFF)

★★★ネタバレです★★★

BBもリップもキャットも緑茶も円卓も大好きです(続いてた)

もう、鮮やかに騙されましたCCCイベント。
まず予告に騙され(ビーチ。海。確かに。)
まさかの完全置いてけぼりCCCメインサーヴァンツに騙され(まだミッション残りあるんで諦めてないですが(笑))。
マップのシルエットに騙され(女主でもBBでもメルトでもなく!よりによって!)。
教会の手記に騙され(なんって可哀想な魔神柱)。
確定キャラ宣言かつナビゲーター、じゃあ「ヒロイン=BB」ね、ていうブラフにもがっつり騙されてだな…!
何より、「コラボイベント」という明るい響きにだまされた。これ新作じゃん。FGO/Extraじゃん。かつEpic of Remnantの一作じゃん。ようするにFGOとExtraが合流したんじゃん…「せっかくの異種合同作業(コラボレーション)なんだもの」ではわくわくほのぼのしてた感情が、ビーストIII出現で一気に冷水を浴びせられ…怖いよ怖い。

■メルトリリス
なんて綺麗なんだろう。
なんって綺麗なんだろう…(T_T)(T_T)(T_T)(泣きやめ)
教会の残骸の件はずっと気になってて、離脱=時間逆行のメカニズムが分かった時点でああ、メルトはそういうことか…と納得はしたけど、それこそ最初から最後までキラキラ輝きハンパなかった……。
CCCで叶わなかったこと、ほとんどかなったなあ(T_T)。ひとつ前の物語、「今」の主人公には最後まで秘密にした物語も含めて、彼女は全力の恋を手に入れたんだなあと。飛び立たない、飛び立った白鳥の話(T_T)(T_T)(T_T)。
CCCでは重要な情報が台詞に載らずにSGテキストでサラッと書かれてることが多いんですが、メルトの加虐志向、つまりは…という話も今回、しっかり語られてて嬉しかったです。
最後の特攻も本気でメルトらしくて、本気で綺麗だった…そして助かると思わなかった(笑)いやエミヤは絶対自分の「都合」に合わせて何かやってくれると思ってたけどトリスタン、まさかのトリスタン(笑)ガウェインといい今回ホント円卓は、基本アレなのにいざという時のいざという出方がたまらない…カッコいい…そしてちゃんと基本アレなところに戻るあたりもたまんない、無限ループですカリヤ。
そうして、彼らがああやってメルトを救い上げたからこそカルデアで召還できるようになった、という事実にも胸熱。土壇場のエミヤとトリスタンのやりとりとか、ぜひ聞きたい(笑)なんなのエミヤはトリ氏の思いも見破ってたの??(^^;)(^^;)
終了後にめっさマイルームチェックしてるんだけど特殊会話出ないかなあ。「メルトとメディアに模型制作について存分に語って欲しい」とか「円卓一同にリップについて語って欲しい(ベディ含む)」とかいろいろある。いっぽうエリザの円卓向けミーハー台詞シリーズにはケラケラ笑ってる。

■パッションリップ
可愛いマジ可愛い。が、CCCの「こいつに好かれたらもうダメだ」感にちょっと未練がなくもないです(笑)。おそらく何らかのイベントでうっかり恐ろしいことをやらかすんじゃないかと期待している。

■エミヤ・オルタ
新宿で登場してきた時はまず、登場してきたこと自体に理解が追いつかなくて、何何何あんた誰とりあえずウチに来なさい貴方がエミヤであるならば!!!て状態だったんですが。
霊基再臨や絆レベルアップを重ねるごとに、ああ、経緯は分からないけど彼はまさしくエミヤだわ…経緯が分からないけど…経緯が知りたくてしにそう…分かるのは第二部かな……と思っていたら一気に情報きた(床を転がる)。いや、プロフィール通りっちゃあ通りなんですが。もう、泣きたくなるほど衛宮士郎、骨の髄まで捻じ曲がった正義の味方。
というわけでだいぶ様子が分かったエミヤオルタだけれど、プロフィールの最終セクションがまだ開いてないことにもちょっとドキドキする。体がなぜああなのか、アンプルでどうのってあたりも詳しくは分からないし。
…今回、最後にエミヤがメルトを救い上げたのは、純粋にキアラからメルトを離すためで、もちろん彼なりの効率重視なんだろうけれども。結果的に、かつて赤いアーチャーが殺したメルトの恋心を、黒いアーチャーが救い上げる結果になった、ってあたりにもゾクゾクする。CCCでメルトが一番幸福そうだったのって、アーチャーが彼女に(助けるという選択肢を選ばずに)止めを刺した瞬間だったもんなあ。

■ロビン
なんなんだよその付き合いの良さは(笑)。思わずキアラ戦の相棒に選んじゃったよ。毒特攻もちゃんと効いたよありがとう。
こうなると本家の桜とも絡んでほしいなあ…。
BBの買出しとやらでどこで何やってたのかぜひ教えてほしいです。
あと緑茶ロボへの本人のコメントぜひ。

■タマモキャット
「熱いハートを炬燵で縛ってもそれは無駄(ネコ)だよ!」で脳内BGMクリスタルキング走りました。指先ひとつでダウンさ。
そのキャラでも全然シリアスモード入り込める、まったく問題なくクライマックスも働ける、めっちゃ違和感なくデトロイトのエミヤとか命名する。そう、空気って読むものじゃなく作るものだよね、という玉藻らしいエナジーに感動する(とまとめてみる)。
なんだかんだで今回、主力でしたありがとう。デミヤ命名も心の底からありがとう。
…そのデミヤが彼女のKPを弾き飛ばしたとこの「似たような症状を知っていた」は誰のどれのことかという新たな謎はのこったが(^^;)単純にHFの桜の話かなあ…いや、単純じゃないなそれ…。

■キアラ
ああ…
ああ…
ああ……………
キアラだなあ………………。
………………ホント、彼女らしさに溜息が出つつ、「そこまで行っちゃったか!!!」という底知れなさに戦慄する。
こちらの想定を遥かに超える真性の悪魔ぶり、魔性ぶり、慈愛ぶり、享楽ぶり、化け物ぶり。
おかげさんで何でエミヤがあそこまで行かなきゃならなかったかが分かりました。あれくらいにならないと彼女とは戦えないし(独りでは)、そしてあれくらいになっても倒せねえのだよなあ。今回は心中まで行けたけどなあ。
そしてCCCからしみじみ思ってましたが純粋にこう、見た目が、遠坂に似てるよね…。主に葵さんに。縁があるとは思わないけどこう、デミヤとキアラのやりとり見てるとどーにもこう、絵的な因縁は香ってくる(^^;)あの姉妹ふたりの母だもんなあ…。金目のイシュタルと並べたらジャガーあたり何か言ってくれそう。
最期のアルターエゴ発言はピックアップ来るってことだろうか(^^;)そうなったら引くのだろうか私は(^^;)(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCCにはまった(FGOコラボ編)

「BB----チャンネル----!」

"now hacking・・・"

"OK!"

あ あ も う(突っ伏した)

FGO「Fate/Extra CCC」コラボイベント。
ちょうど4年前のゴールデンウィーク、これでもかとやりこんだCCCなんですが、あの頃から染み付いてるBGMや空間ビジュアルやドキドキやおっかなさが、肌に心に一瞬で染み渡る…数多いCCC未プレイの人たちさぞやびっくりしてるだろう…我々もびっくりしてます…何回やられても「うぉぅ?!」ってなるんですコレ…。
まだイベント始まったばっかりですが、既に情報量で爆発したので一旦書きなぐる。

★★★イベント、マイルーム関連ネタバレです★★★

■メルトリリス
マジ期待してたメルトリリス、たぶん中盤の敵キャラとかで出てくるんだろうと思いきや序盤から大活躍のメルトリリス。
今回はまったく「つい」じゃなくて完全ゲットモードでガチャ引いてめでたく昨日きてくれて、既にLv90なんですが(3ヶ月に一回の狂乱なんで許して(^^;))、現れたと同時にマイルームにたたっこんで特殊ボイス連打してエミヤ向け台詞で床にめり込んだ。…裏切らないねFateは、ホント期待を裏切らない…。
CCCは主人公が男女どちらかを選択、サーヴァントが4騎から1騎選択、なので8通りのパターンがあるんですが、メルトリリスはこのうち7パターンで主人公に恋をする。ただひとつ、女主人公&アーチャー(無銘)の時のみ、メルトはアーチャーに恋をする、この辺の物語が当時、ホント好きで(T_T)…一応、確率としては8分の1なので、今回のイベントでその辺を踏まえてくれるか、ドキドキしながら臨んだんですけどもコレですよ(感涙)。
マイルーム台詞時点では、まだ「この台詞オルタでもあるのかな?」とボンヤリ思ってましたが、教会でのエミヤオルタ登場でぶちキレるメルトを見て床をぶち抜くほど照れた…ダメなんだメルト…たとえエミヤでもオルタじゃ嫌なんだ…アーチャーに逢いたいんだ…おかしい…照れる…可愛すぎる…知ってた…。
マップのどこかにいるアーチャーがどう出るか、すっげえ楽しみです。これ逢えますよね?!頼むよ???

■エミヤオルタ
そしてあっさり「イラつくからなあの男は」発言で赤い方の話題を片付けるエミヤオルタの自然さも結構すさまじい(^^;)いや、今までもルーツ以外エミヤと彼は別だって分かってたけど、霊基としてそもそも別、「現界で記憶がリセット」じゃなくて、単に違う存在だってことを、カルデアじゃないところで言い切るのは威力あるなあと…アルトリアではしっくり来る考え方だし、エリザベートでもジャンヌでもたくさん例のある「可能性」っていう言葉が、エミヤだとまったく印象が違ってくる。それは長年「衛宮士郎」と英霊エミヤを並べて見てきた読み手ゆえの過敏さなんじゃないかと思うんだけど。(一方で玉藻がサラッとエミヤのこと「無銘」呼びしてくれたのにはホッとした。ステイナイトのエミヤとExtraの無銘は別、っていう解釈もあるだろうけど、個人的にはセイバーウォーズみたいに「同じ」とも「別」とも言い切らないモヤモヤした状態が好きです)。
今回のイベントである程度、彼に関するヒントも出るんだろうかとソワソワする。ちょっと前の奈須さんインタビューで、7章のギルガメッシュを語りつつ「キャラクターの前提条件を変えてしまえば新しいイメージを作れる」っていう発言があって、完全にこれ第二部のエミヤオルタに向けた意気込みと取るよ私は?!と鼻息荒くしたんですが(笑)、オルタがマイルームで言う「妙な女」がキアラなのか違うのかっていうあたりはもうデスペレイトリーに知りたい(^^;)。

■みなさん
・冒頭の三人組+王様をはじめ、他のCCCキャラがこれからどう絡んでくるのかとても楽しみです。特にアンデルセンだな…前述の理由で今回、キアラが絡むや否やも非常に気になるし。
・「センパイ」呼びに即座に反応するマシュが可愛い。これはホント掘り下げて欲しいフレーズなので序盤からニヤニヤしっぱなし。
・ロビンのマイルーム特殊台詞がメルトにもリップにも、多分BBにもあったのには大喜び。特にリップには愛情あるよね緑茶は…今回じゃないけど玉藻向けの「狐狩り」発言も最高に好きです。
・マイルームでは今のところ4人のサーヴァントに動きがないのにも逆にニヤニヤした(笑)…なんか言いなよ特にアーチャー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »