« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の3件の記事

大くりこれ2017-3

「クリエ・ミュージカル・コレクションIII」雑記。

■日直こまごま
練習しましょう!クリエミュージカルコレクショーン?(スリー!)もう一回!(スリー!)もっと行ける!
おいおいおい日曜日だぜ?(スリー!!!)
レディースアンドジェントルメン!さfdさjらBBcじおKJSDJおいふおいうぱjcdkさjfか;じえうわつ
(かがやく照明回るスポットライト響くドラムロール笑い転げるミュージシャンズ)
クリエー?ミュージカル!コレクショーン?!
(会場にマイクを向ける)スリーーーー!
…そんな日曜日。そらもう楽しかったけど先日の「どんな巻きにもくじけない岡田浩暉」とか土曜日の「キストークまりお君にソファから茶々隊」とか、Twitterみながら歯ぎしりすることもしばしば。これがクリコレ、わかってる。未練未練。

■天国の人
地獄に落ちろの後。中央から出てくる岡田さん、へたり込んで胸を押さえながらぜえぜえ息をして、どんどんパーン!どんどんパーン!という「地獄に落ちろ」のクライマックスのリズムを再現し、客席に向かって、すごかったですよねすごかったですよね二人とも!僕?ムリですあんなのムリムリ!…という一呼吸を置く。
これ、今でこそ↑こういうアテレコできますが、初見の時は途中のどんどんパーンしか定かでなかったせいで「岡田浩暉のよくわからないボイスパーカッション」でしかなかったことをここに記録しておく。
その後の曲の全く要らないイケメンエクササイズとかな…そういうとこホント最高…。

■15年前っつったら初演モーツァルトの前ですよ
つぶやきとかで書いた42ndの思い出のタップシューズの話(いい話のようでわりとアレな話)の後。この歌はペギー役の涼風さんが歌っていた曲で、涼風さんの思いも込めて歌いたいですみたいなこと言ったら「がんばってー!」の声援が。後方なのでずいぶんタイミングのいいエール入れる人いるなとかぼやぼや考えてたら、舞台上の人は片膝ついて袖に向かって最敬レスポンス(笑)涼風さんでしたかそりゃそうか。
で時は流れて42ndのイントロ、出がけの交流のところでは涼風さんからの大ーきなハグ。
いい絵でした…そういう発想はなかったが、ペギー・ソーヤーを継いだみたいな流れになってしまったな(笑)。
今「42nd STREET」やるならどういうキャストかなあ…贔屓のジュリアンはわりとずっと夢ですが、ビリーで観てみたい若者はきょうびめっさ増えたなあ。個人的にはやっぱコーヘーウエグチで超みたいですが。ペギーはそれこそ新人さんでもいい。あ、春風ひとみさんは何年経っても続投していただきたい(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大くりこれ2017-2

「クリエ・ミュージカル・コレクションIII」一幕ラストの話。長くなったのでレポ分けた。

★★★ネタバレです★★★
★★★これから観る方はぜひ、現場の空気を味わっていただきたく★★★

今日のマチネの幕間で初見らしい方が、「こんなに沸いて、初日はどんなだったんだろう」とせき込みつつ笑い崩れていた。うん。
以下、野暮ですが配役込みで実況。

(ちゃらららちゃらららのイントロ)おぉ?ワンデイモアか…
(今日も一日を生き延びた…)へー、バルジャン今さんだカッコいい
(めぐりあえたのに…)まりマリウスにちひろコゼ、うん順当
(今日もひとりよ…)違和感ないのがスゴイな涼風さん
(盛り上がっていく音楽)…アンジョ誰だ…
(盛り上がっていく音楽)…ここまで本役ひとりもいないぞ…
(盛り上がっていく音楽)…レミ役者自体はゴロゴロ出てんけど…

あーらしーのー!!日までー!!
Gパンの祐アンジョキター!!!

以下、岡田ジャベ吉野テナ瀬奈&知寿ダブルマダムテナ、それぞれめっちゃ「そう来たか」なのにもはや客席の違和感センサーが死滅している状態でなしくずしに全員コーラスへ。そのうち単発レポするけどテナかっこいいんだよージャベかわいいんだよーーー(笑))
で、気がつけばアンサンブル男子ズが赤い布を持ってアンジョの側に寄っており。


旗かと思ったそれを広げて、アンジョルラスに着せかける。


着せたのは赤い

赤い


ちゃんちゃんこ。


…もうこれ、既に大音量なわけです。この豪華メンバーで力一杯ワンデイモア歌い上げてるわけだから、お客の声なんか聞こえるわけない、なのにこう、

どわーーーーーっ!!!

と沸いた沸いた(笑)。

さっきまで真面目にレミしてた舞台上もすっかり「おめでとうございます」モードになって笑顔で抱き合ってハイタッチしてぐるぐる回っていくなんだこれ。

そうして落ちてくる真っ赤な紙吹雪…。

(朝がー)
(明日ーがー)
(くー)
(れー)
(ばーーーー)(あーーー)(あーーーーーー)

…誰ぞのカンペキな三角行進が吹雪に包まれる中、幕。

これから先、誰かが還暦迎える度に思い出すだろうなあ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大くりこれ2017-1

「クリエ・ミュージカル・コレクションIII」が始まりました。
ひさびさのクリエ通いですが、舞台も客席もこう、すごい身内感あるのに時間的にはお久しぶりな方ばっかりで、そろそろ親戚の集まりみたくなりつつある(^^;)。
クリコレメンバーは豪華だったり庶民だったり、年齢層も上だったり中くらいだったり、ベテランだったりベテラン候補だったりいろいろですが(誰が誰かはご自由に)、共通してるのは、なんだかんだ「お客さんを喜ばす」ことに特化してる人々だなあと。そういう空気が端々に出てるのが(そして公演を通して増えていくのが)好きです。一幕ラストにしろ二幕ラストにしろ、これは喜ぶだろうなあ…!ってワクワクして作ってたんじゃなかろうか山田さんもみなさんも。おかげさまで話題もいっぱいです(笑)。

■日直一号
初日のオープニングトークまりお君、前半は曲の話でしたが後半、楽屋の話もしっかり喋ってくれて嬉しかったです。いわく、祐一郎さん以外の男性キャストは2人部屋で、壁をはさんで隣同士だったと。で田代・吉野部屋で支度をしてると、壁の向こうの岡田・今部屋から高らかに笑い声が聞こえてくる。それも「岡田さんの声」→(沈黙)→また間を置いて岡田さんの声、という(めっちゃ想像しやすい(笑))。で、楽しそうだなあ…と思って、隙間の壁、壁といってもパーテイションだったので、おそるおそる「この壁をなくして一緒にできませんかね…」的な話をもちかけたところ(この時のまりおくんの「生意気に聞こえないように」気遣った感じがリアルで笑った)、吉野圭吾さんが「そうだよねえ!俺、言ってきてあげるよ」とすぐ立ち上がってくれた、と。
ほどなくして楽屋の向こう側から「すいませーん」の声が聞こえてきて
まりお君がー!」この壁取ったらどうかって言ってるんですけど、と頼もしさ台無しの他力台詞(笑)。
めでたく4人部屋になったそうです。
…いろんな作戦会議ができそうですね…(口角が上がる)。

■帰ってきたミレディ
テンション爆上がりした自分にびっくりした(笑)曲調替わるとこの「ただひとりだけ…」でマジで泣きそうになりました。「歌詞が!」とか「語呂が!」とかさんざん文句言ってた曲なのに(ごめん)好きだったんだなーーー!!(しみじみ)
観たいなあ三銃士。園遊会のロシュフォールとミレディのののしりあい(真ん中に猊下)とかフラッシュバックしてきて参った。

■栄光に向かって(シラノ)
40すぎるとかつて「年上」と思ってた人もおおむね同い年感覚なんですが(私は)、こうやって男性陣に並んでいただくと岡田さんの少年ぽさというかキラッキラぶりがおかしくてしかたがない。なんたってポーズが。上半身をグッと下げて拳を振り上げるあれが。ちょうど我々年代のヒーロー感があふれてるというか…勇者のカッコさせたい。K吾さんは悪役で中ボスな(途中で裏切って味方になる)。

■42nd STREET(★42ndの本編ネタバレです★)
いかん欲が出る、ロングバージョンでショーパート全部やって欲しい…(人の欲にはキリがない)
この曲、プロデューサーのジュリアンが歌うテーマ曲でもありますが、劇中劇、ニューヨークを舞台にした大パフォーマンスの音楽でもあって。今回のイントロや曲の使われ方はそっちのバージョン。なので歌ってたのはペギー・ソーヤー、涼風さんが演じていたヒロインの方なんですよね。
で、二枚目役者のビリー・ローラーが軍人に扮し、彼女と出会い、恋をし…という流れをシックなダンスとタップで表現していく、この長ーーーい曲からの、今回はショートカットなわけで(ちなみにクライマックスで男はいきなり撃たれて死ぬ(^^;)「そんなものさニューヨーク」的な)。
だから直前にシーラブズミーを歌った涼風さんが出て行く際に圭吾さんがすれ違う、この一瞬が、あの大ナンバーの途中の、男女の駆け引きの妖しい空気を思い出させてくれてたいそう嬉しかったです。…とはいえ「妖しい」モードは初日こっきりで、最近は涼風さんがちょりーす!と明るく挨拶して出て行くので、ここの雰囲気がどう落ち着くか見守り案件ではある(苦笑)。
クリコレIIのときまとめた42nd雑感はこちら

■終わりのない音楽
…力強い………。
控えめに言って星一徹です今さん。いやレオポルトはそれで合ってるっちゃ合ってるんですが。鬱屈のカケラもないちひろナンネールもぜんぜんグレてないしただ者じゃないしあれ嫁、行かないよたぶん。
敏腕プロデューサーと元天才子役だわ。曲終わりあれ楽屋からオーディションに出てくとこだわ。勝つわあの二人なら絶対。そのうち弟が落ちぶれて帰ってきてマネージャーになる流れだわ。
…とかつらつらと「手を取り合ったーなーらばー!世界は我らーにー!」を聴きつつ思ってます。すいません。

■地獄に堕ちろ
これは羨ましいなー!!クリコレIIの男4人によるモンテ・クリストの曲が超絶好きだったので、今回もギスギスナンバーをちょっと期待してたんですがまたの機会を待つ。今さんまりお君カッコよかったです。
余談ですが幕間の5分前コールがこの曲で。近くの席に座ってた男性がモンクリ好きらしくて、口ずさみながら「休憩から帰ってきて『地獄に堕ちろ』って言われるのもどうなんだ」とつぶやいてて吹いた。

■二幕あたま
涼風さんに最も妖怪を感じるのはここです(物理的に)
(内臓どこへやった)

■レベッカ
マンダレイ→カトレア→レベッカ、という構成が完成度高くてほぉぉう!と思いました。ちひろちゃんの「あれはモンテカルロ…」の引きが大好きだけど、コンサート形式だとその手前で終わっちゃいかねないなと思ってたのでお得感。
カトレア来たとき「やばいなーこれ聴くと『レベッカ』聴きたくて禁断症状に陥るんだよな」と思ってたら歌ってくれて嬉しかった。また涼風ダンヴァースのドロッドロから知寿ダンヴァースのクリアな暗さに変化するのも面白かった。あーレベッカ観たい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »