« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の2件の記事

花の季節4

「花より男子」大阪公演みてきました。
大千秋楽ということでもちろん盛り上がったんですが、何より大阪の客席の空気が実にいい感じで嬉しかったです。リピーターも地元の方も混ざってガンガン笑いが起こる、西門の身のこなしにどよめきが走ったり美作のストレェス!に拍手が起きたり、中盤の「恋をしよう」も手拍子ばんばん自然発生してたし。
カテコの挨拶ではちょっと長くなってきたかな…?っていう絶妙なタイミングで上山君のでかいくしゃみが入ったり(笑)これまた楽しかったです。つぶやきでも書いたけど木村晶子嬢の「恋をしようー!!」が一番心に残ったな。あー彼女の一本脚ポーズ(右足すりすり)がもう見らんないかと思うと寂しい。ピーターパンでもやって欲しい(どんな状況でもいい)。

楽ネタか新ネタかわかりませんが面白かったとこぷちぷち。

■お別れ
二幕あたま、美作のデート相手のマダムが暗がりで悲鳴を上げる横から美作が「サングラス取ろう!ね?そしたら見えるから!」と絡んでるところ、「これが最後よ!」とマダムが叫んでいた。どうやら美作はフラれたらしい(笑)。

■シンクロナイズド
「シスコンで」一歩「童貞で」一歩「その上Mっていう」高ぁく脚を上げて大ーきく一歩。ここの西門美作が寸分違わぬシンクロぶりでよかったです。細かいとこ追求してんなあとほくほくしてたら、ラスト手前の「告っちゃえ!」でも同時に前方一回転。お互いを全く見ないで同じ動きするの綺麗だったー。

■余裕の全開
「メモリー」で語尾をにゃーにしていた時点で、まあ今回いくら何をやっても進行に悪影響がない場面だよねパパはいずれも、と心構えはしたんですが。
・「千の風になって」モードが最長(^^;)ママにいくら急かされても歌い続ける…というか「お墓の前で号泣している」モードで泣きじゃくり歌いって歌の趣旨から考えてどうか。
・「つくしー!もうじき夕飯だからねー!」(犬の遠吠えSE)「アオーーーン!」応答か?
・せんべいの食い方がリス。じゃじゃじゃじゃじゃ。
・道明寺の怪我を再現するところで「ねえママ、つくしやってつくし」と迫って「痛ってぇぇぇー(高い声)」「道明寺!道明寺しっかりして!(微妙に台詞があいまい)」最後はふたりで「なんじゃこりゃあ!」…途中で織部殿の「…そろそろいいですか?」とか入ったけどへっちゃら。

■そういえば一度も食べてない
カテコで木下了君の激白。
「実は僕、最初の木元の役もやってたんです」→ですね。
「お化け屋敷のジェイソンも僕なんです」→ですね。最初順平が実行犯なんだと思ってました。
「ジェイソンが道明寺を刺すところでいつも違うことを呟いてました」→なにそれききたい(笑)。
…しかし最大のカミングアウトは劇中・織部君の「ぼく洋菓子しか食べられないんです」であった。今更なんてことを。

■愛がすべてさ(古い)
花男バンドのみなさんが5人並んで「ごきげんフォルテッシモ」をやってくれたの嬉しかったです。
形としてはこうfffff←5個並ぶとフォルテッシシシシモになるらしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

花の季節3

名古屋公演を観てきました。

愛知県芸術劇場。「CLUB SEVEN」や「ジキル&ハイド」、去年だと「ライムライト」も観に行った。…だいぶ慣れてはきました、この広さにも(笑)。

なので、わりと「広さ」の違和感を覚悟して行ったんですが思いがけず花男ミュージカルは大丈夫でした。舞台にすっぽり入っている英徳のセットが綺麗に劇場にマッチしてて、何より観やすい!
まあ前方席だったってところもあるけれど、目の高さぐらいに舞台の床があり、かつ視界が広いと、セット全体が視界に広がる感じですごく臨場感があるんですね。おかげさまで二幕あたまやエンディングは、全体+上空のパパママとかそりゃあ楽しめました。そして美作西門が跳ぶ!走る!踊る!いやー堪能しましたよ、まっけんゆー君の滞空時間。

音響がよすぎるのもここんちの特徴ですが、逆にネタ化して楽しかったです。「何はーなくても男に必要なーのはー・カネ!!(エコー)」
客席の方は客層が広く、つまり若干平均年齢が高く、結果としてクリエじゃ考えられないくらい「よっこいしょーいち」や「なんじゃこりゃあ!」が受けていた(笑)。草加せんべいはもちろん名古屋では通じないんだけど(東京でもそうは通じなかったけどな)「そうかーせんべい」つぶやきつつパパが差し出したせんべいをママが一口かじってたのはいい絵でした。

ハプニングとしては道明寺が「バクダンぼーん」って投げたおにぎりが上手の階段に当たって跳ね返って織部君の足元に落ちたとか。これは拾った織部君がずっとおにぎりを両手に持ってるのが彼らしくてよかった(^^)。
あと同じく道明寺が「強敵が消えたって思ってただろう」的な台詞のところで思い切り噛んだ…と本人がカテコでえらい丁寧に申告してたんですけど客席からはそんなに違和感なかったなあ(笑)でも袖では「司だいじょうぶ?」「どうした司!」と多くのメンツに突っ込まれてたそうな。

ところでこないだ書いた木村晶子ちゃんの片足しゃかしゃかが増量していく(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »