« ダブリン大阪札幌 | トップページ | レミゼを観に行こう(韓国編) »

冬祭りはつづく

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」また行きましたので雑感。

■平方アルフ
大進化。大・進化。初見の時は「キャラが合ってるなあ、実ははまり役かもなあ」程度に思ってたのですが、新しい王道を作っちゃったかも知れない。なーるーほーどー!
ほにゃららな彼らしくありつつ(失敬だな)、ヘタレ道も成長路線もちゃんと踏みしめてる。「こいつに案内させましょう」のひらめきの自然さとか、一幕ラストで伯爵に傾いていく表情とか、霊廟での「恥ずかしいです、でもできない!」の流れとか、超納得。
そんなアルフが血を吸われてしまうラストは、珍しくこう、ちゃんとした悲劇に見えてしまう。この感覚ってリピートすると忘れがちなんだけど、元々、某・主人公カップルがああなっちゃう舞台ラストと同じカタストロフィではあるんだよね。
そんな印象から「『サラへ』の歌詞で語られるアルフの思いって、最終的に全部叶うんだよなあ」とか思いを馳せると結構ゾクッとしますね(^^;)。「君のそばで君を守っていたい、ずっと」「君がいれば君さえいれば」「すべて捧げようこの血さえも」
この二人、このまま山を下りて自由な世界へ羽ばたいて行くんだろうなあ。黒いなあ。

■エアリアル
やっと見られた開次ヴァンパイアダンサー。再演でリピートしたときは前半ずっと開次君で、途中現れた新上さんの禍々しさに「うわっ食虫花!」と思ったものですが、今回は逆の流れで出会って、またすごいインパクトがありました。
なんかもう、すごいね、空気の精みたいですね。存在感はバッキバキなのに動きはとにかくふわっしゅるっサラッススッて感じで(語彙が)、大気を自由自在に操って嵐も起こしちゃうぜみたいな。
2009年の頃はもうちょっと少年っぽかったりストイックな印象があったのですけど、がっつり成熟してこう、他にない存在になったなあと…。うううもっと観たいなー。

■RとSの間2015
中列で久々に観ましたが、やっぱヴァンパイアは楽しいなここ!けっこう人の頭で見切れちゃうところもあるんですが、通路使うところはもれなく観やすいし、アルフが走ってくるときの声の聞こえ方とか最高だし、「永遠」のラストでガンガン脅されてブロック全体でちょっとした連帯感が生まれるし(笑)。かつ上手側だと伯爵の後ろから化身が墓場に入ってくるところが最高のタイミングと角度で見えるんだ…。

■人が恋に落ちる瞬間を見てしまった
人じゃないけど(笑)。一幕ラスト、「こちらはまだ学生の方」でカーテンの向こうから現れるヘルベルト。上手後方からだとちょうどアルフと「学生の方」って近づいてくる伯爵、その向こうにヘルが見えたんですけれど。後方から出てきてアルフレートを一目見て、ふわっ…と表情を変える、この瞬間はマジ照れましたね、人じゃない!けど!!!今、落ちた!恋に!!(笑)
一応、解説すると吉野ヘルの場合、「ご著書にサインを…」からジワジワ舞台を歩いてくる長い動線で、アルフに一目惚れするタイミングももうちょっと後なんですよね。舞台後方から父上の際に歩いてきて「我が息子も…」って紹介されるタイミングでアルフを見て、ふわっ…と(以下略)。上口Verだと現れてすぐ目の前にだから、この場面の使い方にはなるほどなーと。
その後のちょっかい出しっぷりも毎回かわいいですよね。私が観たときは胸元のふりふりを強調しつつアルフの首もとに「おそろい…」って感じですり寄ってって、で平方アルフがキュッとコートの前を締めて避ける、っていう流れで(笑)。聞くところによれば最近ついにグラサンでいろいろ始めたとのこと、あれを活かさんのは勿体ないなあと常々思ってたのでやはり来たかと(吉野脳)。

■からのバスルーム
・自分の手のきつねさんとおしゃべり
・カーテンが開いてハッとする(ときめき)
・バスタブから左足を下ろし
・右足を下ろすついでにぴるぴる水を払い
・髪のクリップをはずして首を震わせてバッサア髪を払い
・左肩からこぼれたキャミソール?の紐を上げ
・…かけるんだけど上がらないのでそのまま残す
ポイント稼ぎまくりです(笑)(笑)特にキャミの紐!ナンバー通してそのままだった肩ヒモ!すばらしい!!
牙が生えるところもすんごいわマジ生えてるわあれ。

|

« ダブリン大阪札幌 | トップページ | レミゼを観に行こう(韓国編) »

ヴァンパイア」カテゴリの記事

コメント

片帆様

今期は開次さんにお目にかかれませんでした(苦笑)→新上さん祭りでした。
(まぁ、それもよきことかと)

知人が、長男のご観劇回に居合わせたとかで、行ってなかった人達は、ワチャワチャ大変でした。
私は、マイ楽が、その翌日で(苦笑)長男特需?なのか、墓場から出てきたヴァンパイアさんに、絡まれ(笑)素敵な思い出になりました。 この作品は♪どうなってもいい~♪な気分になって(苦笑)帰りも笑みがこぼれる所が、やはり、素敵です。

投稿: ジジ☆ | 2015/11/28 23:59

ジジ☆さん
まあ25日は公演内容とはリンクしない理由で伝説回になっちゃいましたね(笑)。
「永遠」の後の絡みっぷりは公演終盤が最高かと(笑)通路際はもちろんですが、後方席はアレが近づいてくるジワジワとセットですから、ギャー!と来たときのインパクトは格別です。
初見・リピーター問わず、終演後のロビーで盛り上がれるのがホント「ヴァンパイア」はいいなーと。

投稿: 片帆 | 2015/12/06 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/62767578

この記事へのトラックバック一覧です: 冬祭りはつづく:

« ダブリン大阪札幌 | トップページ | レミゼを観に行こう(韓国編) »