« ろんさむとーく | トップページ | えにしんぐとーく2 »

えにしんぐとーく

「エニシング・ゴーズ」いろいろ雑感。

★★★ネタバレです★★★

■アンサンブルさまざま
今年のベストバーテンダー賞は坂元くんできーまり(笑)。「ウェディング・シンガー」のリッキーとはまた系統が違いますが、カウンターでの手つきの確かさやら立ち姿のキビキビ感やらさりげなく正確な動きがいちいちツボ。しょっぱなの歌なしダンスのセンターかっけーです。
ジャンクションチームはこの人のほかにビューティ(ガールズで長い黒髪のハスキー)福田えりちゃんと水夫のコーラスで高音出まくりの木内健人君がいる。…なんとなく今の伯爵を囲んだ扮装4ショットが見てみたい(笑)。
水夫カルテットといえば小原さんの低音の導入部がものすっごいおかしい…素晴らしくイイ声と歌ってる歌詞のしょうもなさ加減がツボすぎていつもぐふぐふ笑っちゃってます。
パーサー俵君は大活躍。きっと職業柄数ヶ国語に堪能で、だから伯爵の偽スラングも即座に理解できるんだ。ホイットニーさんにプロポーズされた後のちょっと嬉しそうなオーラも大好きです(笑)。

■ビリー&ホープ
作品上最大の謎カップル(^^;)。何がきっかけでこじれて仲直りしたのか分からん。
ビリーはいろんな要素の入った人なのですが意外と掴めなくて結構ミステリアスだと思います。貧乏だけどモテてる、仕事できるのかっつうと旅支度でパスポート忘れる、機転が利くはずなんだけどチャンスを別に生かさなかったり(なんであそこで正体ばらしたんだろ)。"You're the Top"のリノとのやりとりが大好きなので、もういいや単に素敵な人だって思うことにしよう、というのが今の落としどころなんですが。
ホープ・ハーコート嬢。綺麗だし細いし首が長くて髪アップでハンジさんそっくりだし(何言ってんだ)ビジュアルどストライク。二都でさんざん「どうなんだ」と思ったルーシーの迷惑そうな口調が別に役作りじゃなくて本人の特徴だったと分かってホッとした(言いたい放題)。いや、このキャラ嫌いじゃないです(笑)。ただ問題は彼女の持つ必殺技「ボケ殺し」でござって(^^;)…リズムさえ合えば最高におかしい「スネークアイズよ」の成功率がだいたい50%ぐらいだ(「アメリカだってそんな言い方しないから」も勿体なぃぃぃ)。

■おぷてぃみすてぃっく
礼拝シーンは隅から隅までツボ。福音伝道の集会っぽいやりとりって私おっかなくて基本的にダメなんですが(苦笑)、爽やかな茶化しっぷりにゲラゲラ笑ってしまった…笑ったといえば一幕のムーンフェイスの「父と子と母と兄と叔父と叔母の名においてアーメン」もめっさツボに入った。本質的に素敵な人たちが不謹慎に騒いでるのって気持ちいいよなーと。
そして「吹け!ガブリエル」ってこれまたものすごく景気のいい歌ですね、クリスチャン的に(笑)。ディエス・イレの逆というか…普通「大天使ガブリエルのラッパ」って世の終わりの象徴で、そこで「裁かれる」ことに対して「悔い改めよ」っていうプレッシャー抱えてくのが本来だと思うんですが。この曲だと、最後の審判ええドンと来て下さい自分いろいろやらかしましたけどもう悔い改めましたんでセーフ!地獄行き回避!レッツ一緒に飛ぼうぜむしろ貴方のバンドに入れて下さいな!…みたいな(笑)。

■45歳って瀬奈さんが言ってました
昨日は鹿賀さんの誕生日で。カーテンコールでケーキが出て全員でバースデイソング…までは予想したんですがこの演奏のアレンジが、まりお君が指摘したとおり「エニシング・ゴーズ」と「ハッピー・バースデイ」を混ぜ込んだ構成ですっごい素敵でした。

|

« ろんさむとーく | トップページ | えにしんぐとーく2 »

エニシングゴーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/58376580

この記事へのトラックバック一覧です: えにしんぐとーく:

« ろんさむとーく | トップページ | えにしんぐとーく2 »