« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の13件の記事

ツッコミ不能

静かさや胸にしみいるボケトーク。

昨夜は「傾く首」トークショー・女子の部。

…本編で満たされすぎて(いやもう最後のモディがもう)え?これからトーク?そうかートークかーところで、ジャンヌの台詞中の居方が凄かったよね今日は、あとラストさあラストラストラスト…とか大層ぼんやりと、半分意識本編のまま聞いてたのですが、主役の方はもうはるかに満たされたカンジの幸せそーーーな半目の半笑いで全編通されており(その半目が唯一見開いた瞬間が妃香里さんの裸婦画ばなしだったという(笑))。

そんなほややん主演俳優の第一印象を聞かれて
「長いな」
とシンプルに一言、4文字で場内すべてのK吾ファンの心をつかんだ内田亜紀子ちゃん。
二人合わせてボケ四乗状態のまったりアナザー不思議空間に敢えてツッコミ担当を買って出た勇気ある妃香里さん、ツッコミきれるわけがないとゆーか(笑)(笑)。いやいやいやお疲れ様でした…最後の退場時にモディのサスペンダー後ろから掴んで引き戻す仕草と行為が大変素敵でしたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂いきれない芸術家

でもハタから観たら十分狂ってるんだよなあ。

飲んだくれてそこに居るだけなのにその居方でモディのいう「強さ」をけっこうくっきりと見せてくれてるモモの半笑いダラダラ寝っぷりだとか、

モディを創作に追い込むのが実際、芸術のためなのか画「商」ダマシイ(「あの手の絵は画家が死ねば価値が出る」)なのか最後まで悟らせないズボの白黒あいまいさ加減とか、

遠くを見るネコのようなスーチンの視線を追ってく(けど何も見えない)モディの渇望だとか、
(でもそのスーチンの「ありがとう」がいまのところ腑に落ちない。片言スーチンとしての例のぶっきらぼうな「ありがとう」なのか、そうじゃない「ありがとう」なのか。表情見える席へ移動移動)

頭をぐるぐる回るけど言葉にできない。

ああぁこれくらいしっかりと言葉にしたいなぁぁ。
センパイ無断リンクすいませんm(__)mm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツッコミ不在

妹の旦那が来日(笑)して、今日は一族郎党で浅草観光して食事会。
昨年ハラレで一緒して以来。その彼の前の奥さんの娘がフランス人で10歳で今回一緒に来たんですが、我々姉妹が七五三に着まくった振袖(ワタシのだと思い込んでたんだがそもそもは母のだそうな)を着せて仲見世歩いたら目立つ目立つ目立つ…ドレッドヘアに着物は案外むちゃくちゃかわいいぞ。そこらじゅうで写真を撮られつつ、今回は甥の一人の七五三も兼ねてたものでヤツは紋付袴だったんですが、まだ七五三の子は少なかったものだから外人観光客の人たちはそっちを撮りたがり。今日一日でいろんな国のコトバを聞いた(笑)。

で夜は「傾く首」ソワレ&トークショー。
本編きょうは本気でキて感動して(モディが。ジャンヌが。ジャンヌが。この辺はまた追って。)ラストでダラダラ泣いて「もういいここで終わって全然OK帰るもう帰る」とか思ってたのにトークショーが面白すぎて大変困った…。

司会者(画家)…確信犯的ボケ(だと思う)
主演(画家)…周りがボケならツッコミに回らないとな的動きだけど本来は真性のボケ
ベテラン(画商)…悪気なく穏やかに淀みなく結果的にボケ
若人(画家)…マイペース(ゆえにボケた場合と結果は同じ(笑))

ツッコミ役は客席みんなの心の中にいたのです。
ああ涙を流して笑った。ネタ色々はまた追って。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

観てきた

「傾く首~モディリアーニの折れた絵筆~」初日を観てきました。

★ネタバレです★

全一幕、90分か100分くらいかな?終わってみるとあっという間の短い作品でしたが、思い返すといろんないろんないろんな場面があって、登場人物一人一人がそれぞれの個性だったりモディとのかかわりだったりでえっらくいろんな印象をこちらの心に残していて、「ちょっと待って!ちょっともう一回最初から見直さして!」と軽いパニックに陥りました(笑)いやあ…こういう一言になるとは思わなかったんだけど…「面白かった」…。

先に痛いことを言ってしまうと(言いますよー)わたしそもそも「声」であの人のファンになったんです話し声。語り声。笑いとか怒りとかヘタレとかそれぞれの響きだとか、確信をこめた囁き声だとかそういうの。それを生声で聞きまくれるってだけでああーいい劇場だRED希望の色ーみたいな(大変いろんな意味で痛い)。

そんなモディリアーニ、映画とかと比べたらたいへん若く見えましたが考えてみたら享年35歳だからギリギリジャストエイジじゃないか(ギリギリとか言わないように)…絵を描くこと酒に酔うこと芸術を追うこと人生に追われること、なんか書くと陳腐なんですがまたホントにいろいろな面を、その言葉や表情や視線で表してくれて嬉しかったです。そしてまた髪型と衣装の似合うこと…カーテンコールではシャツをしまってほしい気持ちとしまわないでほしい気持ち(爆)が裏腹な自分に困った。

さらに人物ひとりひとりが凄く面白くて。最初から最後まで飲んで飲んで飲まれて飲んでやがった岩田さんのユトリロといい、芸術家「だった」立場からモディたちを見つめていろんなメッセージを投げてくる戸井さんのズボといい、モディの絵そのものに見えたりもするカカーシュカといい不思議ちゃんハイム・スーチンといい(最後のはなんだ)。

そしてジャンヌ。どーにもこーにも子供で女で幼くてただただモディを渇望する、余裕ナッシングなジャンヌ・エビュテルヌ。なんじゃこの娘はキンキン怒ってばっかりいて…な印象が続いていくのが、ラスト前のお腹の子への切迫した語りかけ(「もし間に合わなかったら…」)で一気に腑に落ちた。「ああ、ジャンヌなんじゃん…」みたいな。なかなか凄い体験でした、モディの咳からの一連。

(スーチンがフルネーム呼びした瞬間「ジャンヌ・えびテリーヌ」と聞こえてしまって一瞬「おいしそう」と思ったことは小さくざんげしておく)

しかし今回、予備知識が必要か否か、についてちょっと考え込んでしまいました。映画を観たりなんだりでモディ関係の知識があったほうが面白いと思う部分もあるし、何よりジャンヌの最期を頭に入れると入れないじゃラストの印象が相当違うんじゃないかとか。でもユトリロとの作品トークとか、スーチンの肉の絵とか知らないで見たら見たで結構面白いんじゃないかなあとも思いますし。

とりとめないまま終わる。明日は昼は一族総出で食事会(爆)につきソワレのみです。早くもう一回観なおしたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

情報処理なんぞ

ひさびさに情報処理試験を受けてきました。

数年前までは毎年受けてたのですけど(つまりけっこう何度も落ちまくった)、お目当ての資格を取れてからは遠ざかってまして。うちの会社はいわゆる「高度」に受かるとそれなりに特典があるんですが、一個とってしまえばその後は別の種類の資格とっても別に…な制度なので、もう受けることないだろうなと思ってたのですけど事情が変わり(や、何かもらえるというより、受かっとかないといずれ何かを失う系の(笑))。

大きな会場に行って受けるテストはしばらくぶりで、なかなか楽しかったです。試験の出来のほうは…やあぁ、疲れました(^^;)マークシートや記述式テストはいいとして、この試験のキモは「○○についてあなたの業務上の実体験に即して述べなさい論文」だったりするのでもうラスト二時間は時間と経験値と文章力と創造力(爆)の戦い。やーみんなが「APの論文ありゃフィクションだ」言ってた意味がよぉくわかったわ。手が、手が疲れてブルブル震えだした終盤。
…まあこれで様子がわかったので来年もがんばろう(結局今年はダメだと言っている)

問題もずいぶんと「今風」に見直されて来ているようでしたけど、世間で言われてるほど専門性が高くはないんだなあ、というのも印象に残りました。世の中の変化が激しくて、いわゆる専門知識もどんどん一般化(陳腐化、死知識化)していくからそう思うのかも知れないですけれども。今日の朝刊の「サイト見たら情報漏えい」の記事にはびびった…とうとう一般紙にまで「SQLインジェクションとは」なんて解説が載るようになっちゃって。NHKとかでも普通にわかりやすく最新技術やビジネスモデルの解説とかばんばんやってますし。この業界、お客様の方がよっぽど勉強している、という状況はWeb時代のはじめ位から見られたことですけども。こうやってどんどん専門知識が専門知識じゃなくなって、さてSEの出番とはなんぞや?…っていう日が…来てるとこには来てるんだろうな、もう(^^;)。

最後にくだらない話(笑)。今年の自分の受験会場は世田谷区の某大学だったんですが、正門前のいちょう並木がとても綺麗だったので調子こいて散歩していたら、ぼたぼた落ちてさらに踏み散らかされていた路上のぎんなんの残骸を踏しめてしまったらしく…試験中くさいのくさくないのって…いや、周りみんな似たような状況でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッコいいなんてもんじゃない…

「BGVTR」いうんでしょうか、家で何らかの作業してる間にビデオをかけっぱにしておくというのがどうにもダメです。よっぽど何も考えずにできる手仕事ならいいんだけど、ちょっとでも段取りのある仕事の場合は映像モノは絶対にNG。手が止まる。絶対に止まる。止まったことに気づいてももう動けなくなる。

わかっているのに久しぶりにチラっと見たくなってふとかけてしまったロードオブザリング…ッ(慙愧)
………とりあえず20年来原作フリークでして。映画化の節はさらに深く深くハマリ直しまして「うわー映画館て帝劇1回分で7回リピれるわ」とかほざきながら超通いまして。三作目の「王の帰還」は日本公開待ちきれず台北まで観にいきまして(大笑)。もちろんFCにも入った(笑)(笑)。

そんなこんなで久々に一作目DVD観たらもう面白くて面白くて面白くて撃沈。
あぁもうアラゴルンがもう。ガンダルフがもう。ボロミアがもうもう。ガラドリエル様がもうもうもう。ホビッツいい味出しまくりだしギムリいかすしレゴラス無駄なくカッコいいし(この後人気が出すぎて二作目以降はカッコ良さに無駄が増えるのだ(笑))でもやっぱりとりわけアラゴルンがうおー世界で二番目にカッコいい…ッ(←自分的に最も痛い賛辞をささげてみた(笑))

あらためて本ッ当ーによくできた脚本だなあと感服しました。あの長い長い原作を3本の映画にまとめるためにそれはそれは丁寧にほぐしてより合わせて、例えば原作にない場面でも「こんな場面があったらこの人はこう言っただろう」台詞をそれも原作のどこかから再構成していくから、映画としての脚色の数々もとっても説得力があって。
(そんな中でも本ッ気で映画作ってくれてありがとうよなのがフロドとアラゴルンの別れのシーンで…今でこそ頭に刻みついてるけどアラゴルンの"I would have gone with you to the end. Into the very fires of Mordor"、どーーーにかして何言ってっか把握したくてそれだけで通っていたといっても過言ではない(笑)ここの字幕は歴史に残るアレさ加減だったもので(^^;))。

というわけでやっと観終わったので家しごとしましょう。…このまま「二つの塔」…………いやいやいや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天文学天文学

姪と遊びに…もとい父の見舞いに(見舞いならイラネエと怒られそうだが)実家に行ったらばちょうど今日、妹の旦那がジンバブエのハラレでの任期を終えて発ったそうで。とりあえず拠点のフランスに戻っても少ししたら日本にも遊びに来るそうな。

その後のインフレっつうか凄まじいスタグフレーションの話はまーだまだ続いてるそうで。8月にいわゆる「デノミ」つまりゼロが増えすぎて収拾がつかなくなった分を切り下げて「10,000,000,000ドル」が「1ドル」になったんですが、その後も転がるようにインフレは続いてって今の最高額紙幣は60000ドルだって。つまり1年前200000ドルだったからえーと……3倍のじゅうおくばい?合ってる?(^^;)

妹が帰国時にお土産にくれた100B(Bはビリオン)札じゃあもうバスにも乗れないみたいで。
心なしかお札のデザインもどんどん大雑把になっていく気がする。

ちなみにイーベイではこのお札、60ドルくらいで売られてるそうだもちろん米ドルで(大苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傾く日々

こころもち傾くひび。
200810102209000

いえ、あんまり意味はないです。

ああ20世紀少年観にいきたい……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Objection!

夏以来の宿題ひとつ終わったんで(いや今月まだやるべきことは無限にあるのじゃが)先日GETしたDS版の逆裁3をぺりぺりと。

既にドラクエ8と同じくらいリプレイしてる(^^;)しろものなのだけど廉価版たいへんリーズナブルだったのでつい。で、失念していたのだけどDS版は噂の英語バージョンがついていて。
面白そうだなーとちょっと手をつけてみたらば、出た出た出たウワサのPhoenix Wright(英語版の成歩堂)。固有名詞や「意義あり」ボイスはもちろん、ちぃちゃんお手製セーターの「RYU」がちゃんと「P」になってるとか芸が細かくて楽しいです。それにしてもPhoenix (フィーニックス)ときたら「リュウちゃん」改めフィニーなワケだよ成歩堂、呼ばれ方が…(笑い死に)。このまま最終章まで通して「華麗なる逆転」の例のあの華麗なるトリックを英語でどーやっつけるのか大変興味があるのですが、まずは本題に戻って日本語で遊ぼー。

しかし見る夢はやっぱり某・夢のステージでありたい今宵でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳴り響く

「矛盾螺旋」の主題歌だったKalafinaの「sprinter」をやっと入手してかけまくっているのだけど(もう「空の境界」主題歌どれもはまるはまる…)、メロディラインで一部「マドモアゼル・モーツァルト」のある箇所を連想させるところがあって。違うメロディなんだけど、雰囲気が。

でその箇所というのが(★以下MMネタバレ★)コンスタンツェの母ちゃんがモーツァルトのとこに「娘と結婚しておくれ」って迫る曲のコンスタンツェのパート「聞ーきたーくなーいわ、もういーいのーあきーらーめーるー」のところで。「また細かいな」と思われた方、ほんに(^^;)。
ホントにそこだけしか繋がらないんだけど、繋がっちゃったからには頭の中で曲がリンクしちゃうから、今日一日の脳内ソングは一貫して福島&土居&石富&渋谷or浜崎(96ver)によるかのドタバタソングのフルコーラス。ちなみにアンサンブルで歌ってる中のドン・ジョバンニは贔屓じゃなくて縄ちゃんだ(基本クライマックスでおいしいとこ持っていく劇作家のほうだから(笑))。…こう挙げてみるとさりげに豪華だなー女性陣四つ巴の掛け合い(^^;)。

私の脳内BGMというのはまさにBGMというかかけっぱなしのレコードみたいなもんで、ほかの事考えてる間もずーっと後ろで曲が鳴ってるから(要するに思考が散漫なわけですが)、上の曲が終わるとそのままモーツァルトの結婚式の曲になだれ込んで気がつけば「なんでsprinter歌ってたのに「フィガロの結婚」アレンジメロディで影コーラスの「なにもっかもがっだいなっしーかなしっすぎるっちょおちょおー」とかに切り替わってるんだろう」みたいな。

またMMは特別、曲の構成や芝居との絡まり方や歌ってるメンバーが優れていたから、一度回りだすと本当に止まらないんでした。(「New Wave」→魔笛作曲→「朝焼け」のあたりなんか鳴り出すと3日ぐらい回りまくるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想像する

「宝塚BOYS」の公演中によく思ったのが、本当にこの人たちいろんなもの背負ってんだなあ…ということで。表面そりゃ明るく、それぞれが陽性のオーラを発散してるけど、淡々とあるいはあっけらかんと話す過去をちょっと絵的に想像すると今でも「うわあ…」と思ってしまいます。

人間魚雷で突っ込む戦友と最後の通信をする上原だとか。
重営倉でボコボコの顔でモンパリを歌ってる竹内だとか。
真昼の佐世保の港からキノコ雲を見る星野だとか。
同僚や友達が徴兵されていくのを見送る太田川だとか。
空襲で焼け出された15、6の竹田だとか。
兄貴の「かえり舟」聞きながら歌劇団に入ろうと思い立つ山田だとか。
復員して実家に戻って父親の訃報に接した長谷川だとか。

怪我をして引退した後のおばちゃんの宝塚での年月とか。
池田さんが上原のハガキを読んだときの気持ちとか。
竹田の父親は「南方へ行ったっきり」だったはずなのに戦死通知が酷寒の黒龍江省からだったのも、その間にいろんな物語があったんだろうなあ…とか。

観れば観るほどに、思い出せば思い出すほどに染み入る一人一人の生き方なんだった。

…なにかオチを書こうとぼんやり台所に立ったらまだおかゆ状態の炊飯器開けちゃった…。
…どうしようこれもう一回炊飯スイッチ押しても大丈夫だろうか…(どうにもこうにも)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェイのもと

こういうのをたくさん(12こぐらい)そだてておくとジェイができます(たぶん)

200810032154000



ひとつくらい花が咲いててもいい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

反比例するもの

大方の場合はんぴれいするもの。

えーじゃっくすにおける画面の操作性と性能。

東宝みゅーじかるにおけるある人の出番の量とインパクト。

動画めっせーじにおけるその人の髪型とテンション。

むー。スーザン映画を見た限りでは実際出番的にはあれなのじゃがそれはそれで期待できるともいえる。
それにつけてもこうも本チラが本気で楽しみな作品も昨今ひさかたぶり。

…なお最初の例は仕事上のぼやきなので流してください(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »