« シカネーダーとザルツブルク | トップページ | シカネーダーの生まれ故郷(史実) »

「CLUB SEVEN-SP」総括

・一番大きく笑ったネタ…うちあげ花火

・一番深く笑ったネタ…武勇伝(深すぎやしないかホントあの「効果音」(^^;))

・一番悲しかった点…一階中~後方って舞台全体見えた人いたんだろうか(T_T)

・一番脱力した点…ちょっと「1」「2」「3」からの流用率が高すぎるなあ。

・それでも嬉しかった点…ネタは同じでもリセットして倍面白く仕上げてくれた贔屓

・一番爆発的に笑った点…藪パパの舞台滞在期間

・一番反省した点…ミニミュージカルにおいて顔から火が出そうな設定にイライラしたり読めすぎちゃう展開に苦虫噛み潰したりモコモコの衣装に怒号を上げたりそーゆー副次的なことやってたせいで、場面場面では物凄くいい芝居をしている贔屓はじめ登場人物たちに感情移入できるまでめっさ時間がかかったこと。

・まあそれでも観にいってしまうしこの作品から離れがたいんだなと思う瞬間…オープニングの笑いとかエンディングの汗とか五十音順クライマックスで共演者の肩をたたく姿とか。

|

« シカネーダーとザルツブルク | トップページ | シカネーダーの生まれ故郷(史実) »

CLUB SEVEN & DTF」カテゴリの記事

コメント

うりあげ花火は好きでしたよ~。下手が多かったから、あの何ともいえない表情に「帰ってきてくれてありがとうっ」って思ってましたもん。

あの時に一番感じてたかも。

投稿: なかね | 2007/01/25 05:57

こんにちは~私は1階後方の端席でした。何を観たんだっけ?的な気分に陥りがちな今日この頃ですが…(^^;
ちなみにミニミュージカルは最初の設定説明がイマイチ聞こえなかったので、何の問題も無くフツウに観れました~(^-^)

投稿: miyano | 2007/01/25 12:26

なかねさん
打ち上げ花火ばっかり見ていて、西村アラレちゃんが「みどり先生」を紹介しているのに3日くらい気づきませんでした(^^;)。
今回は西村さんとのネタが多くてすごく嬉しかったです…武勇伝といいスケバン恐子といい、楽しかったー。
あと千秋楽のモンキーマジックで出てきた半端なにゃんこ先生も好きでした(大笑)。

投稿: 片帆 | 2007/01/25 21:34

miyanoさん
1階後方からの視界は困ったもんでしたねホント(^^;)覚悟はしていたけど真ん中の1/3見えないこともしばしば。

そうか、最初の「15世紀前半のフランス」聞かなければかなりスジ通るんだな…それか脳移植やめてなんか禁断の黒魔術とか反魂の秘法とか(それも恥ずかしいが)…この際脳内変換してでも楽しめばよかったなと猛省しきりです(T_T)。

投稿: 片帆 | 2007/01/25 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71460/13648174

この記事へのトラックバック一覧です: 「CLUB SEVEN-SP」総括:

« シカネーダーとザルツブルク | トップページ | シカネーダーの生まれ故郷(史実) »