1789らんだむとーく2018-6

博多座「1789」観て来ました。 雑感はつぶやきで。 凰稀マリーまわりは長くなったのでこっちで。 二幕後半のベルサイユでの別れの場面。帝劇でも新歌舞伎座でも泣きまくったんですが、博多でまた扉がいろいろ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新生3

2018年「モーツァルト!」二回目を観てきました。 ■古川ヴォルフ 前半のバカっぽさがちょっと落ち着いちゃったのは個人的には惜しい(笑)。「僕は大都会に出ます!自分一人の力で!」に「ダメーーーーッ!」...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1789らんだむとーく2018-5

「1789」大阪こまごま。 トークショーネタはつぶやきでドカドカと書いたので本編ネタ。 ■苦しみの報い 大阪初日ごろのロベスピエールは、ラストのいわゆる「闇落ち」のニュアンスがなくて、ただ悲しそうで。...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新生2

「モーツァルト!」雑感続き ■和音ナンネール 新演出版の「モーツァルト!」は改めて「ヴォルフガング」を中心として一本の筋を通したというか、他のキャラクターの役割はそれぞれ過去より一歩引いたものになった...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新生

2018年、新演出版「モーツァルト!」、古川ヴォルフガングの回を観てきました。 ★★★新演出ネタバレです★★★ 新演出おもしろかった。雄大ヴォルフはさらに面白かった。 過去に置いてきたさまざまなシーン...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1789らんだむとーく2018-4

モーツァルトが気になって仕方がないので1789ネタを拾う(スポーツで発散する的な) ■教育実習 冒頭「ヘイ・ハー」のデムーランとロベスピエール、公演が進んでも「堅さ」が全く取れないのが好感度高いです(...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1789らんだむとーく2018-3

「1789」東京公演が終わっちゃいました。 公演の感想は最近はTwitterが多いんですが、どーしても長くなるところは今後もブログで行きたいと思います。 (訳:あまり楽と関係ない話をします) ■パン屋...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1789らんだむとーく2018-2

「1789」いろいろ。 ■デムーラン カミーユ・デムーランがモデルと言われている「ベルばら」のベルナール・シャトレが大好きなんだけど、彼は貧乏でもの凄く苦労してきた人なので、1789のデムーランの坊ち...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1789らんだむとーく2018

「1789」つらつら。 ★★★ネタバレです★★★ ■加藤ロナン こんなに大きかったっけ!!びっくりしました公演二日目。三浦ロベスピエールが古川君に比べるとちょっと小柄、かつ頭が小さいので、よりロナンが...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

革命はじまった

再演「1789」はじまりました。初日と2日目みてきた。 ★★★ネタバレです★★★ 再会が嬉しくて、ブラッシュアップが嬉しくて、キャストが新鮮で(新しい人も続投の人も)、新しい発見も「やっぱり好きだなあ...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«うらすさび10