1789らんだむとーく2018

「1789」つらつら。 ★★★ネタバレです★★★ ■加藤ロナン こんなに大きかったっけ!!びっくりしました公演二日目。三浦ロベスピエールが古川君に比べるとちょっと小柄、かつ頭が小さいので、よりロナンが...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

革命はじまった

再演「1789」はじまりました。初日と2日目みてきた。 ★★★ネタバレです★★★ 再会が嬉しくて、ブラッシュアップが嬉しくて、キャストが新鮮で(新しい人も続投の人も)、新しい発見も「やっぱり好きだなあ...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うらすさび10

「戯伝写楽」雑感もうちょこっと。 ■書き残しよしち(栗山編) ふたりの与七の違い、いろいろありましたけども、お芝居の印象を変えてたなあ、と思うのが、それぞれの十郎兵衛との距離感でした。 東山君はほとん...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらすさび9

兵庫公演にて「戯伝写楽2018」終了。 あっという間の一ヶ月でした。本当に楽しかったし、びっくりするほど奥が深くて深くて深い、追いきれなかった細かい未練も満載の(笑)実にありがたい作品でありました。 ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うらすさび8

「戯伝写楽」久留米こまごま。 ■十返舎一九まだまだ若い 「あれをごらん・栗山与七・お江戸一番のイケメンさー  こっちも来た・東山与七・これも一番と評判さー」 てな語呂合わせを考え続けたが字余りを抜けら...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うらすさび7

「戯伝写楽」いろいろ。 ■1/26アフトクぷちぷち 「ま、お酒の入らない飲み会みたいな感じでー、気楽にー」というMC東山君の前フリに違わず(笑)実にたらったらしたリズム&絵面で、でもすごーく内容がちゃ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらすさび6

「戯伝写楽」あっという間に東京千秋楽。 書き溜め雑感コツコツ行きます。 ■東山与七こまごま ・おせいと出会うシーンで、彼女と十郎兵衛を見比べる視線がとても好き。ここは栗山君の場合、ヒントを見つけて「こ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うらすさび5

「戯伝写楽」東山バージョンの与七、初日を観てきました。 おぉもしろかったー。東山君ならではのテンポや華やアドリブ(たぶん)も最高でしたし、このタイミングで入ってくれたことで、栗山バージョンの与七との見...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うらすさび4

「戯伝写楽」みてます。 歌詞が!わかると!すごく!深いな! いや、戯曲を読むとかDVDチェックするとかすればいいんですが気が進まず。毎度、目と耳を凝らして「あっそーか」と発見する日々を送っております。...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うらすさび3

「戯伝写楽」雑感つづき。 ■セットの話 初演とはガラリと違う今回のセット。 浮世絵の組み合わせなんだけどすごくいいなあ。 下手側のほぼ半分、階段つきの大きなブロックを内側に畳み込むような動きにできて、...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«うらすさび2